トッププロ2人が教える勝利の秘訣! 情報を最大限に活用してパチスロで勝つ!!【究極の必勝術 第2章】

月刊パチマガスロマガ 1月号掲載記事

パチンコとパチスロを極めた2人―和泉純としのけんが、勝利へと直結する釘と立ち回りを完全解説。勝つために必要な情報を余すことなく伝授する究極企画となっている。

記事自体は2021年1月に発売された「月刊パチマガスロマガ」誌面に掲載されたものだがそれを記事内で完全復刻! ここに書かれていることはすべて不変的なことであるのは、この2人が勝ち続けていることからもおわかりの通り。この企画を読み終わったころには、確実にパチンコ・パチスロのスキルがアップすることだろう。

第2章となる今回はしのけんによる「パチスロ 勝利の柱」を解説!!

究極の必勝術「序章」はこちらから!!
究極の必勝術「第1章 パチンコ勝利の柱」はこちらから!!

まずは高設定台が存在するホールへ!

パチンコは「釘」によって勝てる台か否かが目に見えてわかるけれど、パチスロは基本、目に見えない「設定」によって勝敗が分かれます。

そんな、目に見えない設定を、一昔前のホールでは「イベント告知」「札などによる設定発表」、中には「設定確認OK」的な大盤振る舞いで、ある程度は可視化できていたのですが…そんな時代は今や遠い昔。広告規制によって直接的なアピールはなりを潜めてしまいました。

そんな状況を補うためか、昨今の機種には設定示唆演出や高設定確定演出など、出玉には直接的に影響のない部分で、高設定か否かを推測させる要素が発展、進化。…しかしながらそんな推測要素も、肝心の高設定が存在しなければ、意味を持ちません。

では、高設定が存在するホールをどうやって見抜くのか!? それは貴方が肌身離さず持っているスマホから観覧できるオンライン上にあるのです。

自分がパチスロ生活を始めてから、高設定へ辿り着くための道中は大きく変化。しかしながら「高設定が存在するホールで打つ」という基本概念は昔から変わりなく、事実高設定が存在しているホールは、現在もしっかりと存在しています。

今回は、そのようなホールに辿り着くための基本を徹底解説していきたいと思います。

次回(6月27日更新)では、和泉が「初心者向けの『釘』」を解説! 要チェック!!


ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

  • 和泉純
    パチマガスロマガ専属ライター
    和泉純
    パチンコ生活者歴30年超! 釘にかけては右に出る者がいない「釘王」。パチマガスロマガライターの中でも最古参だが、その実態は野球と下ネタが大好きなおじさん。野球は見るのもやるのも好きで熱狂的な阪神タイガースファン。ドラム奏者でもあり、パチンコライターたちのLIVEイベントにも出演している。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー