【G.W.の勝ち方 後半~明け後のホール状況予測】3日から急に厳しく…8日9日もこの流れが続く!?

まずは自分のG.W.稼動結果を

パチマガスロマガFREE「G.W.特集企画」継続中。今回は今年2021年のG.W.前半の所感と、それ以降についての事を述べて欲しいとの事。

ま、なにはともあれG.W.スタートと言われている4月29日(木)から、この原稿〆切である5月3日(水)までのG.W.期間の稼働収支の方を見ていただこうかと。

4月29日(木) -8000円
4月30日(金) -23500円
5月1日(土) -17500円
5月2日(日) +46000円
5月3日(月) -21500円

う~ん、気持ちよく負けてますな(笑)。トータルでは24500円のマイナス。ちなみにこの期間打てた高設定は「政宗3」の設定5と、「バジリスク~甲賀忍法帖~絆2」の設定6のみ。絆2の設定6も、序盤酷い挙動で捨てかけたのをなんとか持ち堪えたのが救い。これ捨てていたらこの期間全マイナス収支となっておりましたわ。危ない危ない。

とまぁこんな感じで、決して褒められた収支ではないのですが、自分が立ち回っている範囲に関して言うと、5月2日まではそんな苦しい設定状況ではなかったというのが正直なところ。そんな状況だったのにこんな収支はある意味もっと恥ずかしいのですが、勝てていないのをなんでもかんでも状況のせいにはしたくないですからね。単純に実力不足でチャンスを活かせなかった感じです。

5月3日に風向きが変わる……以後も厳しそう

そしてそのまま5月3日。この日もツモれず右往左往したのですが、しばらくして「あれ今日厳しくね? これといって行くホールも無くね?」となりまして。知り合いのパチンコ軸に立ち回っている方から「今日で軒並み台状況が悪化している」という話も小耳に挟み、ありゃやっぱ厳しいのかと。

この流れを汲むとすると、G.W.期間の5月5日まで、あと8日9日もG.W.期間的な感じ? との事で、そこら辺も少し厳しめになるんじゃないのかな。元々コロナ問題やジャグラー撤去費用問題等、今後ホール側が費用を捻出しておかなきゃならない問題も山積み。そんな状況を踏まえると、状況悪くて当たり前だろ思いますしね。

厳しくとも勝つ方法論はある!

とは言え、設定状況厳しかろうと、スロではハイエナ、パチでは遊タイム狙いみたいな勝つための方法論は存在している訳で。高設定狙いが厳しそうであれば、そちらにシフトすれば済む話かと。さらに状況厳しいと思っているのは、あくまで自身が立ち回っている周辺の事。他にもっと足を運べば何とかなる地域があるかもしれませんしね。

ってな訳で自分の残りのG.W.後半は、徹底的にハイエナ&地域跨いで立ち回り!

……なんてことはせず、コロナ禍という事も多少意識し、予定の立ち回りでダメだったら、その後わちゃわちゃ動き回らず家で安静にしていようかなと。最近ずっと稼動、その後に原稿の繰り返しで寝不足&疲れ気味。明らかその疲弊で立ち回り上の判断力も鈍っているような感あるので。

G.W.明けまではこのような気持ちでパチスロと接し、体力万全な状態でG.W.後の立ち回りに全力を尽くしたいと思っております。もちろんG.W.後半バンバン高設定ツモって、ひいひいニコニコしながらG.W.明け後も打ち行っちゃうのが理想なんですけどねぇ。

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

新台導入カレンダー