数年後に発覚した衝撃の事実【新世紀エヴァンゲリオン~魂の軌跡~編・日向七翔】

※過去の「栄光なき名機たち」記事はコチラ!

どうも、「栄光なき名機たち」2回目登場の日向七翔です。

今回僕が取り上げたいのは、「新世紀エヴァンゲリオン~魂の軌跡~」。

ビスティ/2010年

この台はそこそこ稼働がついていたので、栄光なきって程の台でもないかもしれませんが、当時からエヴァシリーズを打っているユーザーの中ではまごころ派や約束派が多く、「…魂の軌跡?どんな台だっけ?」って人が多い印象です。

さらに当時はART機の方が盛り上がっていて、前年に導入された「初代緑ドン」や「初代エウレカ」、さらに魂の軌跡のすぐ後に導入された「新鬼武者」が圧倒的に人気を博しており、その影響もあってこの台はあまり人気が出なかったイメージがあります。

小役カウンターを持ち始めたきっかけ

本機のゲーム性はシンプルで、ボーナスで出玉を増やすタイプ。

暴走モードや覚醒モードというRTが存在しますが、それは基本的におまけ的な扱いですね。

特筆すべきなのは設定判別のしやすさ。

ボーナス確率は当たり前として、通常時・ボーナス中の小役をメインに判別していくのですが、これがしっかりと差があるので、そこそこ回せば設定が見えてくる印象。

さらにBAR揃いのムービー選択率。

ここにかなり差があったので、高設定が入るホールではシマ内にBAR揃い時に鳴る「きゅぴぴぴぴ~」って音が鳴り響きまくってました。

朝イチに第3新東京ムービーだとめちゃめちゃテンションが下がっていた記憶があります(笑)。

そして実は当時あまりパチスロ稼働にガチじゃなかった僕が小役カウンターを持つようになったきっかけはこの台です。

本機が導入されたのは2010年3月。

当時の僕は熊本の自衛隊で働いていたのですが、丁度その3月いっぱいで退職、4月から地元に帰っていました。

次の就職先も決めずに地元に帰ってきた僕は就活もせず毎日ごろごろするだけのプータロー生活。

そんな時にパチスロ生活者の友人に「暇なら一緒に行かない?」と誘われたのがこのエヴァ魂に高設定を使っているホールでした。

そのホールは10台設置のエヴァ魂に毎日3台程高設定が存在。

通い始めると、友人がある程度狙い台を絞ってくれていたおかげでかなり高確率でツモる事ができていました。

友人に「判別するためにカウンターは必須」と言われ、コンビニで小役カウンターを初めて買ったのがこの時です。

2ヶ月程で設定状況が悪くなり、丁度自分の就職も決まったのでその生活は終わりましたが、あの2ヶ月の毎日エヴァ魂生活は稼働中以外の友人との絡みも込みで楽しかった思い出ばかりです。

そして僕自信一応それ以前から設定を気にしながら打ってはいましたが、そんなに強くは意識しておらず「打ちたい台を打って結果的に高設定だったらラッキー」くらいな感じの打ち手だったので、判別要素をしっかり調べたりホールの傾向を考える様になったのもこの2ヶ月の経験から。

そう考えると、あの時誘ってくれた友人のおかげで今の自分があると言ってもいいかもしれませんね。

今度会ったら感謝の言葉でも伝えようかな(笑)。

さらに実は未だにこの期間に出した7000枚が僕のノーマルタイプの最高獲得枚数です。

後から知って愕然とした判別要素

…とここまで色々書いてきましたが、この台について話す上で忘れちゃいけない事が一つ。

実はこの台には設定6のみ簡単に判別できちゃう要素が存在します。

それはREG中「設定6はベル揃い時にフラッシュしない」。

なんとこれだけ。

設定1~5は普通に毎回フラッシュするので、REGを1回引けば設定6か否かわかっちゃうんですよね。

この情報がネットで回ったのは設置後期。

ほぼほぼ設置がなくなった頃だったと思います。

もちろん当時の僕は全く知らず、毎日小役カウンターとにらめっこ。

この情報を知った時にはもう高設定が使われる事はなくなっていたので「今更遅いよ…」と、嘆いていました。

当時から知っていた方と話すと、これを知っているだけでかなり稼げたと聞きます。

今では考えられない出来事ですよね。

今こんな判別要素がついている機種があれば、導入後すぐにネットで拡散され、下手したら一斉撤去なんて事もありえると思います。

逆に当時知っていた方達はよく周りに話さなかったなぁ。

まぁそれだけ今ほどSNSとかが発達していなかったって事ですね。

未だに自身ノーマルタイプでの最高獲得枚数だという事と、設定6判別方法を聞いた時に愕然とした記憶から忘れられない本機。

僕の中では「栄光なき名機」の1台です。

パチンコ・パチスロの最速解析情報はパチマガスロマガモバイルで完全網羅!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー