最強の6号機はコレだッ!【チバリヨ-30×ヘミニク編】

正直なところ、まだ6号機の中で「間違いなくこれは神台!」と思えるような台には出会えていないんですよね。

そう思ってしまう一番の理由は、2400枚規制の部分。

どんなにアツい演出が来ても、アツいフラグを引いても「はいはい2400枚以内で終わるように調整された上での演出なんでしょ」って思ってしまうから。

規則だというのは重々分かっています。言うならば5号機に4号機の爆発力を求めるようなモンですからね。

6号機にこれまでのパチスロを重ねたら、そりゃ満足いく訳がありません。

6号機の規則の中でも面白い台はたくさんありますよ?

でもこれを言わずにナンバーワンと言ってしまうと、今のパチスロでも何の不自由も無いサイコー!ってニュアンスになりかねないから…。

6号機の規則を折り込んでナンバーワンを決めるとなると、個人的には南国育ち。

キュインと鳴って蝶々が飛ぶか否かを見守るあの一瞬に、とんでもないアツさが詰まっている。

南国育ち-30

アムテックス/2021年

先程、出ても2400枚で終わりと言ったけれど、南国育ちは飛ぶか否かが出玉だけでなく設定看破にも直結しています。

設定6なら終日打てば2400枚どころではない出玉が見込めるので、あの一瞬に脳汁がドパドパ溢れ出すんですよね。

 

唯一…というか致命的な欠点は、攻めどころが分かり易すぎてハイエナ台になってしまい、あっという間に稼働が飛んだこと。

機種の寿命があまりにも短すぎました。

ただ瞬間的な輝きは6号機ナンバーワンだったと思います。

ということで個人的には南国育ち…と言いたいところなのだけれど、どうしても外せない機種があります。

 

それはチバリヨ 。

何故ならチバリヨは、最高で2400枚までしか出ないという6号機の限界を突破することが現実的に見れるから。

チバリヨ-30

ネット/2021年

他にも絶対衝撃Ⅲ、沖ハナ、鉄拳デビルなど理論上一撃2400枚を超える台はあるけれど、稼働を維持出来ている台は今のところチバリヨだけだと思うので、同タイプの中ではナンバーワンだと思います。

ということで6号機でのナンバーワンは南国育ち、現行のパチスロ機という枠の中でのナンバーワンはチバリヨです。

どっちかに決めろと言われたら、うーん…チバリヨかな!

やっぱり際限なく出る可能性があるというだけで、他の機種とは一線を画していると思いますね。

今後もチバリヨのように6号機の限界を突破してくれる台が生まれることや、規制が緩和されることを祈りながら待ち続けるとします。

6号機完全攻略に自信アリ!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー