考え方は三者三様! パチスロライターの6号機ハイエナ事情!!【パチンコ&パチスロ二刀流計画/vol.4】

2020年、冬―6号機のハイエナ状況をパチスロライターに直撃アンケート!

月刊パチマガスロマガ 2020年12月号掲載記事

「月刊パチマガスロマガ12月号」の掲載企画である「パチンコ&パチスロ ハイエナ二刀流計画」をWEB上で完全再現。2020年冬の状況なため、掲載機種に関しては若干時期を逃している部分はあるものの、その根本である立ち回りや考え方は今現在の立ち回りにも活かせるはずだ。

そして今回は、パチスロライターに6号機ハイエナ状況をアンケート(2020年冬時点のもの)。要チェック!!

「パチンコ&パチスロ二刀流計画/vol.1」はこちらから!!
「パチンコ&パチスロ二刀流計画/vol.2」はこちらから!!
「パチンコ&パチスロ二刀流計画/vol.3」はこちらから!!


6号機でハイエナはどう変わった? ライター陣に直撃!

5号機時代に比べてハイエナ頻度は減りましたか?

今の環境だと高設定狙いの方が効率よく勝てるので、ハイエナはかなり減った。換金率の低下やホール&稼働の減少も理由のひとつ。

今、メインでハイエナしている機種は?

これと言って特にありません。目の前に落ちていれば何でも打つといった感じ。

5号機に比べて6号機ハイエナの印象は?

最も違うと感じるのは宵越し天井の狙いにくさ。6号機はリセットをかけるホールが多いため、宵越し天井はかなり狙いにくくなった印象。

5号機時代に比べてハイエナ頻度は減りましたか?

減った。6号機の高設定狙いがとにかく甘いから。ただ、浅めから狙える機種が多いので、打つ台が無い時や新台導入時などは狙うこともあります。

今、メインでハイエナしている機種は?

特にないが、バジ絆2やスナイパイ71は割と拾えるイメージがあります。

5号機に比べて6号機ハイエナの印象は?

機種にもよるが、設定状況が悪いホールだと6号機が全く稼動しない、かつ6号機のみリセットするホールも多いので、これらの点では5号機に分があるかと。

5号機時代に比べてハイエナ頻度は減りましたか?

天井と稼動がある限り、ハイエナの頻度自体は変わらないと思います。

今、メインでハイエナしている機種は?

凱旋とバジリスク絆2。やはりホールのメイン機種であることが多いので

5号機に比べて6号機ハイエナの印象は?

高い期待値の台がなくなった。半面、現金投資になりにくい(貯玉分で届く)機種が多いので特に効率が悪くなったとは思わない。

5号機時代に比べてハイエナ頻度は減りましたか?

6号機は高設定の投入率が明らかに高いので、必然的にハイエナの頻度は減りました。

今、メインでハイエナしている機種は?

絆2・スナイパイ71・凱旋。中でも絆2は台数が多いのと浅いゲーム数から狙えるのが良い。

5号機に比べて6号機ハイエナの印象は?

1台あたりの収支は下がるので、台数をこなすことが重要。期待値はさほど変わらないが、万枚などの可能性がないので面白みは減った。

5号機時代に比べてハイエナ頻度は減りましたか?

これまで通りまず高設定を狙い、あぶれた際にハイエナしているので頻度は変わらない。

今、メインでハイエナしている機種は?

何でも打つが、頻度は絆2が圧倒的。スルー回数や有利区間を確認せずにヤメる人が多い。

5号機に比べて6号機ハイエナの印象は?

ボーダーをしっかり決めて打てば特に問題はない。ただ、どうしても一撃性は落ちるので、1台で大勝利…とはいかなくなった。

5号機時代に比べてハイエナ頻度は減りましたか?

変わらない。ハイエナはあくまでサポート的な期待値稼ぎ打てる時に打つだけなので変化はあまり感じません。

今、メインでハイエナしている機種は?

メインというわけではないけど、バジリスク絆2・北斗天昇は打ててる頻度が高いかな。

5号機に比べて6号機ハイエナの印象は?
あまり変わらない。逆に有利区間の引継ぎなど、他の方が見逃しやすい要素があるのはプラス要素。

「パチンコ&パチスロ二刀流計画」はここまで! 次回企画をお楽しみに!!


「天井狙い」に即役立つ! 天井リストはこちらから!!

ライター紹介

  • ヘミニク
    パチマガスロマガ専属ライター
    ヘミニク
    パチスロに対する豊富な知識量を誇り、高設定を狙って良し、ハイエナして良しの高いパチスロ力と高い文章力を兼ね備えるガチプロライター。先輩はもちろん、後輩からもイジられるキャラは愛されている証…? 後輩の面倒見もよく、企画「スロマガアベンジャーズ」では皆をまとめ、勝利へ導くキャプテンとして頼りにされている。
  • jin
    パチマガスロマガ専属ライター
    jin
    イタリアンレストラン店長、キャバクラ経営などを経てパチスロライターに。現在はガチプロとして活躍する一方で、ムチャブリ企画などバラエティでもその意外な才能を発揮している。攻める範囲は幅広く、パチンコ・パチスロ両方で立ち回る万能型ライター。オートレースなど公営ギャンブルにも精通している。麻雀やポーカーなど戦略性が高いゲームを好む。
  • 銀太郎
    パチマガスロマガ専属ライター
    銀太郎
    常に期待値を追い求め、勝ちに徹するその姿は業界でもトップクラス。Twitterで稼働結果と収支を毎日公開する超ガチ系個人企画を行い、話題になったことも。現在はパチスロ以外にポーカーにも傾倒中!
  • 日向七翔
    パチマガスロマガ専属ライター
    日向七翔
    第7弾旅打ち制覇者で、歴代2位となる+300万超の収支を記録した猛者。ゴールした後はライターの道へと進み、現在もガチプロライターとして活動している。ライターイチのサッカーオタク(自称)で、フットサルチームにも所属している。
  • 天香膳一
    パチマガスロマガ専属ライター
    天香膳一
    旅打ち企画「決死のパチスロサバイバル9」を制覇してライターデビューを果たす。高設定狙い・ハイエナの両方をそつなくこなし、歴代2位のプラス収支で旅打ちをクリアした。ライターデビュー後の現在は、実戦企画や機種ページ制作を中心に活躍。ライター歴はまだ浅いが、年齢的にはおっさんライターの部類に入る。
  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー