気持ちよさが凄かった台【花の慶次~これより我ら修羅に入る~編・わるぺこ】

復刻に期待!!

※過去の「栄光なき名機たち」記事はコチラ!

みなさま、どうもわるぺこです☆

今回私が栄光なき名機としてあげさせていただくのはニューギンさんの「戦国パチスロ 花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜」です。

この機種が導入されたのが2013年なので、今から約10年前の機種。

簡単にゲーム性を紹介するならば、通常時はまず、主に3つのルート(ゲーム数、保留玉、自力)からATを目指します。

そしてATに突入させたら、そこからは己のヒキ次第でどこまででも伸びるといった仕様。

この台の特徴といえば画面右側にある「保留玉」。

こちらの保留玉は成立役に応じて獲得でき、4G後に消化。

ちなみにアツい保留玉があった時にその保留玉が消化される際、ロゴが開けば当選率がアップ!! 

ロゴは主にチャンスリプ(1/21.50)で開きます。

例えば、家紋保留をロゴが開いた状態で消化できるとCZ突入確定といったように、このロゴがどのタイミングで開くかが超重要!! 

ここだ☆というタイミングで開いてくれた時の気持ちよさは凄かったです。

そしてこの台はAT「黎明の刻」に入れてからがさらに面白い!! 

ATは1Gあたり約2.8枚増加していき、ボーナス確率の異なる2つのタイプを搭載。

1つ目は「戦鬼」でボーナス確率1/19。

2つ目は「修羅」でボーナス確率1/10。

1セットのゲーム数は20G~100Gとなっており、その間にボーナスを引く仕様なので修羅に入れば大連チャンのチャンス!! 

赤7揃い時のテンパイの仕方もたくさんあった楽しかったなぁ~☆

見事ボーナス「大攻城戦ボーナス」を引けたら、その消化中にレア小役を引き、ゲーム数上乗せや傾奇玉獲得をしつつ、7揃いで1G連ストックや天武の極みを目指します。

傾奇玉保有時はボーナス終了時に傾奇玉チャンスが発生し、ATゲーム数上乗せのチャンス!! 

基本は戦鬼+5Gとかですが、まれにどちらも上乗せすることがあるので、それを願いつつボタンを押していました。

私もパチスロを始めてからそこまで歴も長くなかったので、あまり設定推測などはしていなかったのですが、1度だけこれは高設定だ!! とわからないながらも確信が持てる台に出会ったことがあります。

通常時全くハマらず当たり続け、確か8000枚ほどでフィニッシュ。

写真がないのが残念ですが、凄く楽しかったのは今でも覚えています。

自力感が強めで、パチスロなのにパチンコの要素もあって、面白い台だったのにそこまで人気がでなかったのが残念…。

今同じような台を出したらもっと多くの人に打ってもらえるはずなので…復刻に期待!! 

パチンコ・パチスロの最速解析情報はパチマガスロマガモバイルで完全網羅!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー