注目の裏企画もいよいよラスト! あの人気パチンコ機を裏BESTに選んだライターは!?【ウラ生涯BESTマシン/vol.4】

「ウルトラセブン」と「キン肉マン」が裏BEST!? それぞれの機種を選んだ理由とエピソードにも注目!!

月刊パチマガスロマガ 2021年3月号掲載記事

先週まで本サイトでお届けしていた「月刊パチマガスロマガ」の最終号の超大型企画「生涯BESTマシン」。

その誌面記事の裏側にひっそりと掲載されていた企画―それがこの「俺の裏生涯BESTマシン」だ。「裏」と名が付く企画だけあってその内容は…!? パチンコ・パチスロを愛して、打ち尽くした8名のライターだからこそ語れるその機種とエピソードはいずれも必読!!

「裏生涯BESTマシン」もいよいよ最終回! パチマガでありとあらゆる機種を打ち込んだ2人が選ぶ裏BESTマシンとは!? 要チェック!! 

第1回・しのけん&松本バッチ編
第2回・ドテチン&シルヴィー編
第3回・レビン&トニー編


【生涯BESTマシン】

vol.1・しのけん編 vol.2・和泉純編 vol.3・松本バッチ編 vol.4・ドテチン編
vol.5・フェアリン編 vol.6・わるぺこ&千奈里編 vol.7・助六編
vol.8・緑山淳&七之助編 vol.9・レビン編 vol.10・菊丸・ウド茂作編
vol.11・シルヴィー編 vol.12・虚心坦懐・袴一平編 vol.13・トニー編
vol.14・ボンバー竜太&真田シュン編 vol.15・りんか隊長編 vol.16・パンダ&奏弥編
vol.17・ドラ美編 vol.18・jin&くまちゃむ編 vol.19・山ちゃんボンバー編
vol.20・亜城木仁・遊喜編 vol.21・ヘミニク編 vol.22・タイラ・角屋角成編
vol.23・優希編 vol.24・きなこ&はじめ編 vol.25・ガンちゃん編
vol.26・日向七翔&天香膳一編 vol.27・柳まお編 vol.28・永浪&TAKA編
vol.29・アップル藤子&おもちくん編 
vol.30・編集部員編


愛と収支が反比例! 罪作りなヒーロー!!

生涯で最も相性の悪かった台…

499分の1の超MAX台が可能だった時代を代表する名機。セブンの目が光れば左右の人が覗き込み、アイスラッガーが発光しようものならシマ中の人が覗き込んでくる。

大袈裟ではなく、シマ中の打ち手を魅了するほど中毒性のある台でした。右打ち中も突時&バトルタイプの先駆けとして、この機種の大ヒットがあったから今があるといっても過言ではないくらい。では、なぜそんな台を裏ベストマシンに選んだかというと…それは、相性最悪で負けた記憶しかないから。1500ハマリ突時→電サポ抜け出玉なし7万負け。電サポ付き確変から電サポ抜け潜伏→200ハマリ突時みたいな展開は日常茶飯事。北斗無双とか可愛くみえるくらいの荒波スペックでしたよね。自分のパチンコ人生の中でもトップクラスに打ち込み、最も期待値とウルトラセブンが信じられなくなった時期でした。

これはオカルトになっちゃうけど、京楽のウルトラシリーズとはとにかく相性最悪で「ウルトラセブン超乱舞」や「ウルトラ6兄弟」も負けた記憶しかないんですよね…。何か悪いことしたかなと? 思い当たるのはこれだけシリーズ愛を語っておいて、原作を一度も観ていないくらい? アンヌ隊員のヌードは見たけど。

とまぁ、こんな感じで戦績は最悪だけど、パチンコとしては最高の台。それがウルトラシリーズであり、初代「ウルトラセブン」です!!

「進化系」のデータまとめはマジヤバい☆

極寒にも匹敵する史上最辛機種!

真冬の寒さにまつわる辛かったデータ取りの記憶は数多いが、唯一その極寒の記憶に匹敵するほど辛かった、伝説の最辛デー夕取りマシンが存在する。京楽の「キン肉マン(初代)」がそれだ。まぁ、この時の直営店先行実戦も、調べ返してみたら真冬での並びだったらしいのだが、そんなことはまるで覚えていないほどに、データ取りの内容自体があまりにも過酷だったのである。

2009年の機種で知らない人も多いと思うので簡単にスペックを言うと「確変割合80%のミドルながら、潜伏確変比率が全体の55%あり、約1/87で発生する小当りとの見分けが超難
解」という機種。で、その潜伏や小当り時はステージチェンジをともない、ステージは全6種。データ取りは2日間で、ステチェン発生のたびにランプパターンを写メ(本機のランプがまた超わかりにくい!)し、この6ステージは移行する度にそれぞれ回転数をわけて取る。かつ、ステージごとに演出データもわけるという、もはや罰ゲームレベルの内容。しかも、一度小当りを引こうもんなら数分ごとにステチェンしまくるから、回転数をわけるのに気が狂いそうだった。

データ取り自体も辛かったが、本当の地獄は帰ってからのまとめ作業。土曜日の朝からまとめ、一睡もせず終わったのが日曜日の朝5時だった。せっかくあの悪夢のこと忘れてたのに、この企画のせいで思い出したわ!

「俺の裏生涯BESTマシン」はこれにて終了! 次回の誌面再現企画をお楽しみに!!

ライター紹介

  • 助六
    フリーランスライター
    助六
    さわやかな風貌とは裏腹に、パチンコ実戦による演出分析力は他者の追随を許さない! 自他共に認めるパチンコマニア。一度聞いたら忘れられない独特のハスキーボイスも特徴(!?)。その特技を活かした機種解説動画はパチンコファンから非常に高い評価を受けている。
  • 優希
    パチマガスロマガ専属ライター
    優希
    ライター陣の中でも、女性読者からの圧倒的支持を受けている人気ライター。チャラめの見た目とは裏腹に、パチンコは相当なガチンコスタイル。テクニックや戦略で勝てる機種を好み、気に入った台にはとことんのめり込むタイプ。特にエヴァンゲリオンシリーズの知識とエヴァ愛では右に出る者はおらず、「エヴァマスター」の異名が付くほど。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー