「PA新海物語」の初代マシンはもちろん元祖「CR新海物語」! 史上もっとも売れたパチンコ台!【名機 the ORIGIN/vol.79】

シンプルにして最高傑作! ここから「海」は広がっていった!!

現在ホールで活躍している数々のシリーズ機。そのすべてに数多の前身機が存在し、そこから各シリーズ機へと人気マシンの遺伝子が後継機へと受け継がれている。

となれば、気になるのはそのシリーズ機の起源(ORIGIN)となる「初代」マシン。はたしてそこからどう発展し、現在の最新マシンへと変貌を遂げて来たのか。

この「名機 the ORIGIN」ではそんな「初代」マシンにスポット! 最新の人気シリーズマシンの元祖となる機種を知ることで最新シリーズ機をより深く理解し楽しめる…はず!!


時代を変えた1台! 「CR新海物語M27」は2002年11月に登場!!

CR新海物語M27(三洋)

パチンコ史上もっとも売れた台であり、その数は兄弟機をあわせて160万台以上といわれている機種。それが2002年11月に登場した「PA新海物語」の初代マシンにあたる「CR新海物語」です。

この年、大当り確率の下限が変更され、さらに大当り後に時短が搭載できる「新内規」機が次々と登場。その新内規を反映した「海物語」ということで、登場前からかなり期待されていたのがこの「CR新海物語」でした。

そして、いざホールに導入されると…瞬く間に人気機種に! いくつかのスペックが存在しましたが、中でも確変大当り後に100回転の時短に突入する「ハーフ時短」と呼ばれたスペックを持つ「M27」がもっとも売れ、約75万台のヒットを記録しました。この記録は今後もおそらく破られることはないのではないでしょうか。

「新海」は「海物語」をほぼそのまま踏襲。ビジュアル・BGMのパワーアップや、カメ役モノ搭載など見た目の雰囲気は大幅に変更されたものの、ゲーム性に大きな変更はありませんでした。

またスペックも「海物語」から大きな変更はなく、新内規となった分だけ出玉性能がパワーアップしたものの、遊びやすさはそのままに。このスペックはその後の「海」シリーズでもスタンダードとなりました。

また人気機種だけに、真偽を問わず様々な噂がホールに飛び交う状況に。ちなみに誌面で取り上げた上の6つの噂のうち、「その4」以外はすべて本当。特定回数以上ハマると出やすくなるプレミアムは、その後の他の機種でも一部採用される仕様となりました。

「新海」から新たに搭載された演出といえば複数のプレミアム

枠外で揃った出目が枠内に移動し大当りとなる「ハズレ復活」の他、「マリン変身2段階」や(ここに写真は掲載していないものの)「赤魚群」など、多数のプレミアムが追加されていました。ちなみに「赤魚群」の写真はおそらくパチマガが史上最速で掲載。話題となったこともありました(笑)。

そんな超ヒットマシンとなった「新海」はその後も「新海スペシャル」や「新海アグネス」として登場。そして、そこから10年の時を経て、間もなく最新台「PA新海物語」が登場となります。初代「新海」とは違ったゲーム性となっていますが、スペック&演出は確実にパワーアップ! また新たな「新海」を見せてくれること間違いなしです! まもなくの導入をみんなで期待して待ちましょう!!

 

そんな「新海物語」シリーズの最新マシンといえばこちら!!

PA新海物語(三洋)

詳細な機種情報はこちらから!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー