30年前の初代マシンを経て10年前に三姉妹へ進化! 「P麻雀物語4」の起源は奥が深い!【名機 the ORIGIN/vol.47】

初代マシンとはもはや別モチーフ!? 独自の進化を遂げたシリーズ機!!

現在ホールで活躍している数々のシリーズ機。そのすべてに数多の前身機が存在し、そこから各シリーズ機へと人気マシンの遺伝子が後継機へと受け継がれている。

となれば、気になるのはそのシリーズ機の起源(ORIGIN)となる「初代」マシン。はたしてそこからどう発展し、現在の最新マシンへと変貌を遂げて来たのか。

この「名機 the ORIGIN」ではそんな「初代」マシンにスポット! 最新の人気シリーズマシンの元祖となる機種を知ることで最新シリーズ機をより深く理解し楽しめる…はず!!


元祖マシンは1991年、初代三姉妹マシンは2012年5月に登場!

CR麻雀物語 ~麗しのテンパイ乙女~(平和)

平和の「麻雀物語」といえば1991年に登場した連チャン機の方を思い浮かべる人も多いかと思いますが、シリーズ最新機「P麻雀物語4」の初代マシンにあたるのは、どちらかといえば2012年5月に登場した「CR麻雀物語 ~麗しのテンパイ乙女~」でしょう。

スペックはかなり王道のミドルSTスペック(甘デジもあり)。潜伏確変を搭載しているものの、そこまで複雑なモード移行などはなし。比較的遊びやすさを重視したものとなっています。

演出の主役はご存じ長女・まどか、次女・さやか、三女・あやかからなる風上三姉妹で、萌え要素もアツいバトルもあり! 初代マシンから人気シリーズとなる条件を兼ね揃えたゲーム性となっていました。

そんな本機の最大の見せ場といえば、ST中演出「雀王決定戦」。麻雀要素はかなり薄いものの、リーチ成立で三姉妹がライバルたちとアツいバトルを展開! 勝利すれば連チャン確定というバトルマシンの王道といえる演出を搭載していました。

またST中以外の特殊モード演出もかなり特徴的。初代「麻雀物語」を模した「初代モード」はラウンド後に突入すれば保留連チャン濃厚の超激アツモード! さらに平和マシンでおなじみの「パト・ランラン」が活躍する専用演出も存在していました。

初代マシンからさらに遡ること20年! ここからすべは始まった!!

麻雀物語(平和)

そんな「CR麻雀物語 ~麗しのテンパイ乙女~」の「初代モード」としても踏襲されているのが、1991年に登場した元祖「麻雀物語」です。

当時としては画期的な美麗液晶を搭載し、ラウンド中はセクシーな演出も発生。さらには保留連チャン機となっており、当時は爆発的な人気を誇りました。この機種があったからこそ、風上三姉妹が誕生し、人気シリーズとなったといえるでしょう。

ちなみに元祖「麻雀物語」に登場する女の子の名前は「さやか」…という噂も!

そんな平和の人気シリーズとなった「麻雀物語」ですが、まもなく最新台の「P麻雀物語4」がホールに登場します。最新シリーズでは三姉妹たちがどんな活躍を見せるのか、ホールで打ってぜひ確認してみてください!

そんなパチンコ「麻雀物語」シリーズの最新マシンといえばこちら!!

P麻雀物語4(平和)

詳細な機種情報はこちらから!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー