【第1回 マガ王】予選11組目・日向七翔&ウド茂作 ウド茂作 編

11組目は日向七翔&ウド茂作のタッグ。パチスロ旅打ち制覇者・日向七翔の手堅くも積極的な立ち回りと、ウド茂作の見た目によらぬ慎重でいて大胆な立ち回り。後半戦のウド茂作は見事な立ち回りで勝利を収めた日向に続けるか!?

マガ王ルール説明

これは「優勝」しかない!

パチスロライター ウド茂作

マガ王のパートナーが発表された時、僕の脳には2文字の単語が浮かびました。「優勝」と。なぜならタッグを組む日向七翔は過酷なスロマガの旅打ちを制覇し、その後の実戦企画でも安定感バツグンの立ち回りを披露しております。さらに原稿も読みやすくて面白い。つまり、ことガチ実戦企画において死角なしなのである! 不安要素としては大好きなTikTok。実戦中に手に顎を乗せて踊りださなければいいのですが…。

さて、パートナーが心強いとはいえ僕もしっかりとプラス収支を残したいところ!  まずは特定日のホールで得意のパチスロ エウレカセブンAOからスタートします!

打ち始めると早々に「強スイカ+REG」という設定差の大きいボーナスを引いてテンションアップ。途中で天井直前のREGというあるあるをくらいましたが、昼過ぎからようやくボーナスとARTが噛み合ってきました!  なんといっても、このART中のレア小役後に7を狙う瞬間がボーナス+ART機の醍醐味ですよね!

この日は全体的にQACの上乗せに恵まれませんでしたが、かろうじて+100Gを2回。おかげで投資を回収し、ありあまるコインを獲得することができたのです!

しかし連チャンしている間に設定推測要素は弱くなり、周囲の状況を加味してもヤメと判断したのでした。

この時点で16時ほどだったので、まだなにかしら打ちたい時間帯。さらにマガ王のルール的には最低でもあと2時間は実戦しなくてはなりません。

ということで地域のホールをウロウロしていると、別の店でこんな台を発見!

マイジャグラーⅢの2684G・BIG13回・REG11回(合成1/111.83)という台。普段であれば履歴打ちはしない可能性もあるのですが、マガ王の実戦ですし、このホールは特定日にジャグラーの高設定っぽい台が毎回複数見えます。ということで試しに打ってみましょう!

試しに打ってみた結果…実戦データの通りヤメ時を考える暇がないほどのボーナス連打! 結局閉店まで打ち出玉を伸ばすことができました。

ビックリしたのが閉店ギリギリのこと。もうヤメようと7をタンタンタンと狙ったところ、なんとそのままBIGが揃ってファンファーレが鳴り響きます! これにはケツ浮きましたわ! 最高の終わり方でマガ王の実戦フィニッシュです!

結果

【ウド茂作 実戦結果】※2台合算

総投資金額 596枚(約12000円)+14000円

出玉 5219枚

収支 +73000円


■日向七翔&ウド茂作 合計収支

【総投資】642枚(約13000円)+14000円

【交換】194500円

【合計収支】+167500円

日向七翔の予選の模様はこちらから!

出場チームはこちらでチェック!

ライター紹介

  • ウド茂作
    パチマガスロマガ専属ライター
    ウド茂作
    180cmを超える長身と赤い髪がトレードマーク。人呼んで「紅い髪の回胴巨人」とは彼のことだが、見た目とは裏腹に真面目で几帳面な性格の持ち主。大学卒業後に地元仙台市から上京してライターとなり、多方面で活躍。最近は趣味であるゲーム関連の動画撮影・編集にも力を注いでおり、自称YouTuberでもある。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー