パチンコ・パチスロで勝つ! 釘&立ち回りの極意を和泉純&しのけんが完全解説!!【究極の必勝術 序章】

トッププロ2人が「続けることで勝てるようになる」常勝の秘訣を伝授!!

月刊パチマガスロマガ 1月号掲載記事

年間プラス収支は案外簡単なこと!

パチンコ・パチスロは勝てない。昔より大勝ちできない。これは、弊誌によく寄せられる意見の1つ。確かに、運要素が絡む割合が増えつつ規則変更などにより、一撃出玉の多さが昔より減っているのも事実。

しかし、前述のことと「常に負けることは別問題」というのは断言しておきたい。パチンコは『回る台をより多く打つ』。パチスロは『高設定をより多く打つ』。これを試行し続けるだけで、サラリーマンでも大幅なプラス収支は難しくとも、年間をプラス収支で終えることがほぼ可能となるのだ。

だが、パチンコは釘調整をホールはしていない(出来ない法律)。それでも生じる回転率の個体差(営業中に釘に玉がぶつかることで釘が経年変化。メンテナンス時の微妙な差など)。コレを見極められるのか?
そしてパチスロは広告規制やイベントの廃止等の理由で、カを入れる機種をホールが明示できない。そんななかで、いかにして高設定台を見極めるのか?

パチンコ・パチスロそれぞれで勝ち続けるカリスマ2人に、この答えと勝利に直結する重要ポイントを披露してもらうぞ!!

「運」以外にも爆勝ちには理由あり!!

爆勝ちとは運要素に加えて、そこに至るまで「勝てる可能性の高い台を打ち続けた」からこその結果でもある。負け続きでは、誰だって資金的に出るまで打つのは厳しい。

ゆえに、勝利の可能性の積み重ねも理由の1つとなるのだ。


今回は序章ということでここまで。

次回(6月23日更新)からはパチンコ・パチスロそれぞれの勝ち方について詳しく紹介していくぞ! 月刊パチマガスロマガ誌面で既読の方も一読の価値あり!! お楽しみに!!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

  • 和泉純
    パチマガスロマガ専属ライター
    和泉純
    パチンコ生活者歴30年超! 釘にかけては右に出る者がいない「釘王」。パチマガスロマガライターの中でも最古参だが、その実態は野球と下ネタが大好きなおじさん。野球は見るのもやるのも好きで熱狂的な阪神タイガースファン。ドラム奏者でもあり、パチンコライターたちのLIVEイベントにも出演している。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー