【さよなら5号機】聖闘士星矢 海皇覚醒編【タイラ】

パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒(5号機・2017年)

あけましておめでとうございます!

改めまして、あけましておめでとうございます。

タイラです。

さて年明け早々のコラムとなりますが、この依頼が来た時「去り行く相棒への手紙のような感じで」って頼まれて今書いているけれど、正直照れくさい気持ちでいっぱいです。

なんだか身内に向けて書いているような…パチスロ星矢はそれくらい近い存在でした。

 

思い返せば、これほど愛するきっかけになったのは雑誌の企画。

その爆発力に目を付けた編集部が、万枚を目指す企画を立ち上げたのが全ての始まりでしたね。

当初まだ挑戦者が決まっていない中、何故か勢いで「やらせてください!」と立候補したのも何か運命のようなものを感じていたのかもしれません。

そして、初めての実戦では編集部員の子とノリ打ちした結果、なんと2人で10万円オーバーの大敗…。

今だから言うけど、第一印象は最悪でした(笑)。

さらに、その後も負けが続き、いつしか「2人の負けっぷりを楽しむ企画」と言われるように…。

あの時は、魅力を何一つ引き出せず、心のどこかで申し訳なく思っていたのを覚えています。

そんな中でも、その爆発力と波の荒いゲーム性を武器に徐々に人気を高めていったあなた。

それに合わせて風向きも変わっていきましたね。

人気の上昇と共に、設定状況が良いホールが増加。

その結果、企画の方でも高設定を掴む機会が増え、最終的に2人揃って設定6を掴んだ上に、合わせ万枚を達成! 

あの実戦後に飲んだビールのウマさは忘れられません。

まあ、2人の負けっぷりを楽しみにしていた人達にとっては、きっと“メシマズ”だっただろうけどね(笑)。

ちなみに、22回の企画実戦の内、設定4以上が確定したのはなんと8回。

さらに個人収支も+約30万円ということで、その状況の良さは抜群。

この時期は、プライベートでもほとんどあなたと過ごしていました。

第一印象の衝撃からは考えられないくらいラブラブっぷり。本当に良い思い出です。

そして、雑誌が月刊になったタイミングで、その企画がまさかの復活!

ページの関係などもあり、一人での実戦になってしまったけど、再び万枚を目指してタッグを組むことになったね。

だけど…5号機時代の終わりが近づく中、あの頃のホール状況はどこへやら。

あなたがいなくなる前に改めてその魅力を伝えたかったのに、続くマイナス…。自分は正直焦っていました。

 

その後、追い打ちをかけるように、編集部から伝えられた雑誌が休刊になるという事実。

雑誌が無くなってしまえば、この企画も最後かもしれない。

さらに焦る自分に、あなたはとびっきりのプレゼントをくれました。

 

企画終了まで残すところあと2回…

そこには実戦ホールの閉店時間ギリギリまで必死にぶん回す自分。そしてAT中で光り輝くあなたの姿がありました。

 

自身のパチスロ史上でも最高となる上乗せ「+1772G」。

そして、悲願の万枚達成。

これからの時代の流れを考えると、こんなゲーム数を乗せられることはしばらく無いでしょう。

もしかしたら、生涯最高上乗せになるかもしれません。

これが人生最後の万枚になるかもしれません。

でも、その記録を作れたのがあなたで本当に良かった。

 

間違いなく5号機後期を盛り上げてくれたあなたは、この先ホールから消えてしまっても、きっと多くの人の心に生き続けるのだと思います。

ありがとう星矢。

あなたのおかげで刺激のある日々を送れたこと。

パチスロライターとして成長できたこと。一生忘れません。

 

そして最後に…

これからもどうか末永くよろしくお願いします。

初めに10万オーバーの負けを喰らった時には、まさか好き過ぎて実機まで購入するとは思わなかったよね(苦笑)。

まだまだ5号機を楽しむならパチマガスロマガモバイルをチェック!!

さよなら名機2021_2022関連記事

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー