年末のド派手な豪華バトルを完全再現! 目指すはトータル100万円勝ち!!【紅白パチ合戦・第2部】

パチンコ・パチスロそれぞれにガチライター8名が参戦! 勝てる条件下のもと、各々が文句なしの立ち回りを披露!!

月刊パチマガスロマガ 2月号掲載記事

月刊パチマガスロマガ2月号に掲載された特大企画「紅白パチ合戦」をWEB上で完全再現。誌面発売時期の関係上、「紅白」を謳っていますが、その中身は完全なガチ実戦。

実戦時期は2020年末。厳しい状況下の中、「勝って当然」のルールのもと全16名のライターが参加し、その収支で2チームが対決! さらにはトータル収支で100万円を目指す、鬼データ乱舞の実戦企画となっています! さらに原稿内で書かれている各ライターの1年の総括には勝てるヒントも!?

「和泉純」と「松本バッチ」を総合司会に据えての第2回実戦、再スタート!!


1組目&2組目が登場! 「紅白パチ合戦 vol.1」はこちらから!!

パチンコ(紅組)パチスロ(白組)の参加メンバーはこちら!!

紅組(パチンコ)
白組(パチスロ)

攻略や設定看破で盤石の勝利を手に!!

■3組目■

自身が喰える機種を見つけることも大事

普段パチンコを打つ時に最も意識して立ち回っていることは、平打ちの人とどれだけ差がつくかを考えての機種選び。個人的に昔から、長く喰えているなあ…というときは、稼動機種が偏っていることが多い。

ゆえに、パチンコで稼ぐのに大事なことはこれに尽きると思っている。最近の台だとこの「人と差が付く機種選び」に該当するのが、個人的には地中海と銭形2の疾風バージョンの2機種。

おそらく、大半の人はこうした機種選びをあまりしていないと思う。最近勝てないなあっていう方は、こうした「座る台の選び方」を意識して立ち回ってみるといいかもね。

ただ、そんなに甘い世界ではない部分もパチンコの面白いところで、機種を追って勝ち続けるにはそれなりの技術が必要になる。とは言っても、地中海の止め打ちぐらいなら決して高難易度な攻略ではないので、是非挑戦してみてほしい!

特定日のホールをで高設定1発ツモを狙うも…

年に一度の特別企画だからバシッと勝ってきて! と担当に頼まれたら「じゃあ華のあるデータを!」と力が入ります。そうなると、朝イチから高設定をつかんで大勝ちが理想的。紅白歌合戦でいうなら、まさにジャニーズでしょう。僕は密かにこれを狙っていました。

が、それは朝イチの入場抽選で見事に砕けます。最後方からのスタート。そこからは作戦を切り替えて、リセットと天井狙いに奔走し、最後にミラクルジャグラーのシマ1番の履歴に座ってフィニッシュ。

自分でも感じますが、理想とはかけ離れた地味な実戦だったと思います。でも、これでいいんです。冷静に今の状況を判断し、臨機応変に立ち回ることは、パチスロで勝つために必要なことですからね。ジャニーズじゃなくたっていいんです。紅白には、しみじみと聴かせる演歌も流れるのですから。いぶし銀、トニー。来年も精一杯、歌います。

■4組目■

今だからこそ設定付パチンコ!

私はパチもスロも両方とも打つので、状況を見ながら臨機応変に立ち回ることが多いです。そのおかげで気が付いたのは、パチスロが強い日はパチンコの設定付機種で高設定を使っているホールが意外とあるんだな~ってこと!

設定付パチンコはもう美味しくないって切り捨てている人も多いかもしれないけど、私には今頃になってようやく設定付パチンコブームが到来しています。6号機に馴染めないパチスロユーザーに、せめてパチンコを打ってもらいたいっていう、ホールの思惑もあるのかなー?

高設定を打つことができても、翌日に設定変更をされたら、連日で同じ台を打てないのが残念なところ。ですが、選択肢の一つとして設定付パチンコに高設定を使うホールを調べておくと、いざと言う時に助かります。超韋駄天で連日負け続きだった今回がまさに、パチンコ高設定狙いで手堅く勝ちに行く時だ…!

嗚呼リゼ4……ありがちな一日

本日はゾロ目の日。朝から人が溢れる中、得意のリゼロに着席なり。頭の区間で弱ATを2つ獲得し早くも頬が緩む。2回目の区間も直撃を絡めザ・高設定挙動。獲得枚数で246枚に加え幼少期画面が出現し、これにて本日の仕事は完了です。

4000枚ほど流してどこに飲みに行こうかと作戦を練っていたものの時間の経過とともに削れていく要素と出玉。設定6がいいんです。設定6じゃなきゃ嫌なんです。レムさながらに願ってみるも追加投資が止まらない。さらに同じシマから設定6っぽい台まで出て来ちゃいました。

あ、そういうことネ。と気付いたのは夕刻時。なら最後まで添い遂げようと推定4を終日打ち切り。負けデータになったのは、この期間がパチンコ中心だったということで。軸も定まらずユラリユラリと流れていますが、それもまた楽しいでしょ。ここから始めましょう。今日から。いいえ明後日から。怠惰デシタ!

■総評■

【和泉純→はじめ&シルヴィー】
それぞれ「今」の狙い目機種とその理由を詳しく紹介してくれた素晴らしい原稿…って、君ら企画意図わかってるか? 手堅く勝ってるんじゃないよっ!


【松本バッチ→トニー&角屋角成】
酔っ払いコンビ。トニーさんは杖をつきつつ予想外の勝利。角屋は惜しくも負けちまったけど、トニーさんが勝ったからヨシとする。トニーさんが勝つとか年イチだから。

今回はここまで! 次回(7月21日更新)には5~7組目まで一挙6人が登場! ここまでほぼ互角のパチVSスロの収支勝負にも注目!!

ライター紹介

  • はじめ
    パチマガスロマガ専属ライター
    はじめ
    パチンコ・パチスロをこよなく愛する熱血ライター。声優や役者でもあり、パチンコ台のナレーション役を虎視眈々と狙っている。パチンコ・パチスロの両方を打つ二刀流で、ホール状況に応じて主戦場を変えるオールラウンダー。「はじめクオリティ」と「大丈夫! 期待値はあるから!」が口癖。
  • トニー
    パチマガスロマガ専属ライター
    トニー
    浅草育ちのお祭り好き。パチスロの知識は幅広く、機種解説のわかりやすさには定評あり。特にバジリスクシリーズとSLOT魔法少女まどか☆マギカシリーズがお気に入りで、知識量は超トップクラス。ベテランなのに天然オトボケキャラなのも人気の証。トレードマークはCAP帽!
  • シルヴィー
    パチマガスロマガ専属ライター
    シルヴィー
    DVD動画やCS番組への出演経験も豊富な人気女子ライター。女性ライターの中では最もパチプロに近い実戦派で、“超”がつくほどのパチンコ&パチスロ好き。独特のほんわかした雰囲気と、センスのあるユニークな面白トークが特長!
  • 角屋角成
    パチマガスロマガ専属ライター
    角屋角成
    かつてスロマガの看板旅打ち企画「決死のパチスロサバイバル6」を制覇してライターデビュー。現在は実戦企画や機種ページ制作を中心にライター活動を行っている。プライベートではジグマの立ち回りでパチスロメインで稼働。データを集めて狙い台を絞る能力に定評がある。無類の酒好きでビールが大好物。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー