初代エウレカが一番良い! 西陣にもう一度出してほしい!【栄光なき名機たち】

今月も仕事が波のように押し寄せてきたチキショウ君だお☆

会議の時、俺の仕事量が多いと思った毛玉ちゃんが「チキショウ君が多いように思うけど。これ大丈夫なん?」と心配してくれた。見た目は黒いのに心はホワイトなのね。普段からもっと心配してくれても良いぞ(-_-)

さて、2日間編集部員が名機を紹介してきたけど、これがラスト! 最後はこの機種「CRエウレカセブン」を紹介していこうと思う。

エウレカセブン
CRエウレカセブン(西陣)2009年導入

この業界ではみんなパチスロなら知ってる人が多いと思う。でも俺は圧倒的にパチンコの方が面白かった。当時は旧MAXタイプ(1/399)でバトルタイプの機種が主流。数あるバトルタイプの中でも一番打ったんじゃないかな。

導入当初はホールもそんなに期待していなかった機種で、導入しなかったホールもあった。でも3週間後ぐらいかなー、知り合いのホール店員が「エウレカ入れとけば良かった」って後悔していたよ。なぜなら入れたホールはそこそこ稼働を維持できていたから。

確変中のバトルが面白いんよ! すげー単純なんだけど手に汗握るバトルだった。

CRエウレカセブン CRエウレカセブン CRエウレカセブン CRエウレカセブン

……10年以上前の機種だけど、パチマガはクソ真面目に8ページもやってた。こんなマジメな奴、今の編集部にはいないぞ!

バトル中の敵はジ・エンドのみで、攻撃も3種類しかないもの。予告もセリフとトラパ―の色とかしかない。でも何事もなく確変大当りとなることも多い機種で、強攻撃じゃなければ何でも期待することができた。

CRエウレカセブン

負けたと思ってからの復活も多く、パターンによっては15R濃厚とかあったし、常にワクワクしてたなー。

セグも覚えたりして内部確変かどうかの判別も可能だった。通常と分かっている状態で、何事もなく引き戻すことが多い機種だったから演出バランスはある意味崩壊していたけど、逆にそこが良い!

CRエウレカセブン

と言っても、旧MAXタイプを打っていたのではなく、ミドルタイプ(1/346.3)ばかり打ってた。だって、当たらないのこわいもん。ボーダー的には少し辛かったけどね。でも当時の都内は3円交換がメイン。1000円24回転とかあった。良い時代だったな~(´▽`)

そんなエウレカ、火がついた理由は楽曲の良さもあった。アニメに使用されたメイン楽曲が使用されている。この機種で「DAYS」や「Sakura」、「少年ハート」を知った人も多かったはず。今ではホールで聴くことも多くなったよね!

あとネットで少し話題になったのは保留変化。変化時の音が「ピロリン」って聞こえる。このSE音が癖になり「ピロリ菌」と呼ばれていたりした。

CRエウレカセブン

赤保留はチャンスだけど、青や黄でも液晶横にあるコンパクトドライブ役モノが赤く光れば、赤保留を凌駕する信頼度だった。ダメと思わせつつ、変動開始時にいきなりアツくなる演出すこ。

そしてプレミアム演出の数がめちゃくちゃ多かった。

CRエウレカセブン

200もあったんかーい! もちろん全部見ることなんて不可能。でもね、その分通常時もプレミアム演出で当たることも多く、体感では1/3ぐらいプレミアム演出で当たってた!

これをアップしても見れないかもしれないので、写メで紹介!

CRエウレカセブン
あったあったこんな演出(´▽`)
CRエウレカセブン
こんなのもあったよね~(・∀・)
CRエウレカセブン
あったあっ……(;゚Д゚)!?

「大当りの電波をキャッチしました!」……だと!?

遠隔か!? 遠隔セブンなのか!?

な~んて遊び心もあるプレミアム。俺もたぶん100個ぐらいしか見てないんじゃないかな。甘デジも登場したけど、それでも全部は厳しかった。今の時代ならプレミアムアップモードとか搭載して打ち込めば可能かもしれないけどね!

その後、小当りRUSH機なども出したけど、あまりヒットせずのエウレカ。パチンコもSammyが扱ってるけど、俺はまた西陣のバトルタイプで見たい!
いつかそんな日が来ることを願っているよ(*´▽`*)

ライター紹介

  • チキショウ君
    編集部
    チキショウ君
    仕事があろうとなかろうと、暇さえあればパチンコを打ちに行ってしまう半社会人的な存在。上司に対して敬語を使うことを知らず、「仲間なんだから敬語なんていらねーだろ!」と、まるで自分が正義のように振る舞う赤ちゃん。パチンコ以外のことはからっきしで、総理大臣の名前すら知らない。しかし、ことパチンコに対しての情熱は人一倍すごく、編集部員の中でも一番打っている。そのため、ライターのように原稿を書くこともあれば、実戦企画にも参戦することも多い。現在は携帯サイト連載企画「遊タイマーズ」として毛玉3号と仲良く(?)過ごしている。

新台導入カレンダー