パチンコ勝利の鉄則! 「玉の流れ」を制して回る台を見つけ出す!!【究極の必勝術 第5章】

月刊パチマガスロマガ 1月号掲載記事

「釘」と「立ち回り」―パチンコ・パチスロにおいて勝つためには欠かせない2大要素。それを本サイトの誇るレジェンド、和泉純としのけんが徹底解説!

2人の責任監修のもと、2021年1月に発売された誌面の掲載記事を完全復刻していく本シリーズ。今回は前章からステップアップして、中級編のパチンコの勝ち方を伝授! いつの時代でも通用する「釘」の見るべきポイントをしっかりと紹介していくぞ。

この究極企画を読めば、気づかないうちにパチンコ・パチスロのスキルがアップしていること間違いなしだ!!


究極の必勝術「序章」はこちらから!!
究極の必勝術「第1章 パチンコ勝利の柱」はこちらから!!
究極の必勝術「第2章 パチスロ勝利の柱」はこちらから!!
究極の必勝術「第3章 パチンコ勝利の柱【初級編】」はこちらから!!
究極の必勝術「第4章(前編) パチスロ勝利の柱【基礎編】」はこちらから!!
究極の必勝術「第4章(後編) パチスロ勝利の柱【基礎編】」はこちらから!!


「玉の流れ」から回る台の感覚を掴もう!!

“良い玉の流れ”が多ければ回る可能性が高い!

通常時における玉の目的地は「ヘソ」。ここに向かうまでに脱落してしまう玉が発生する分岐点が必ずどこかにある。「玉の流れを見る」というのは、それを見つけ出すために絶対に必要!

同じ機種でも回転率が違う…こんな理由が考えられる!

前述のような長期的な稼動に伴う釘の変化に加え、釘の根元のサイズは寸分の狂いもないわけではない。同じ機種でもヘソの釘間がわずかに広い台があったりする。こればかりは打ってみて確認するしかない。

次回(7月7日更新)は、しのけんによる「パチスロ勝利の柱『応用編』」をお届け! 要チェック!!


ライター紹介

  • 和泉純
    パチマガスロマガ専属ライター
    和泉純
    パチンコ生活者歴30年超! 釘にかけては右に出る者がいない「釘王」。パチマガスロマガライターの中でも最古参だが、その実態は野球と下ネタが大好きなおじさん。野球は見るのもやるのも好きで熱狂的な阪神タイガースファン。ドラム奏者でもあり、パチンコライターたちのLIVEイベントにも出演している。
  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー