誰も理解できない迷作パチスロ【大繁盛本舗編】

※過去の「栄光なき名機たち」記事

チワッスあしのです。

今回はオーイズミが2004年にブチ込んだ怪作『大繁盛本舗』。

導入台数に対してやたらと知名度が高い作品ですが、どっちかというと「名作」より「迷作」という表記の方がシックリくるタイプの機種でした。

4号機・オーイズミ/2004年

スペックは至極普通だった

正直この機種に関してはスペックの話なんぞ孫の手のさきっちょに付いてるゴルフボールくらいの意味しかないんですが一応。

コイツはざっくり、CZ付きのサイレントストック機でした。

ボーナス放出のシステムはゲーム数テーブル式じゃなくて毎ゲームの抽選。

その当選率がモードによって違う、みたいな感じです。

申し訳程度に搭載されてる出玉トリガーは「大繁盛モード」なる上位天国モード。

主な突入契機は中段チェリーの成立(1/4096)の1/2。

つまり神揃いと同じ確率ですな。

あと天井でREG食らっても1/2で突入するので、そういう意味ではホスピタリティ溢れる仕組みでしたが、ループ率がそんなに高くないので過度な期待は禁物。

モードの仕組み的に「大繁盛モード」→「連チャンモード」→「通常orハマリ」という段階を踏んで落ちるので単発がないのが救いですが、それでも平均継続は確か4連とか5連程度。

突入条件が厳しい割にはショボいので、中チェ後に連チャンが始まってもあんまりはしゃがないように。

で、ここまでは正直どうでもいいです。

コイツについて語る際には、スペックがどうのというよりもその「演出」の方が大事。

それこそが、コイツが当時を代表する迷機として歴史に名を残すに至る直接の部分でありました。

ナチュラルにバグったようなステキ演出

『大繁盛本舗』の醍醐味。

それは初見では理解不可能な液晶演出にありました。

プレイ中、特に対応演出がない演出が頻繁に発生、机のボタンを押したら社屋に垂れ幕が降りたり、謎にUFOが襲来したり酔っ払いが通過したりしますが、その一部で比較的長尺の連続演出に発展、そしてそれが成功したとしてもボーナス確定ではなく通常画面に戻ります。

ちょっと何言ってるかわからんと思うのですが、要するに液晶演出と実際の出来事がほとんどリンクしてないように見えるんですね。

実際は「前兆中」に連続演出成功の発生率が上がるとかそういう感じの仕組みだと思うんですけども、にしても金塊を発掘してガッツポーズを取る社員を眺めながら意気揚々とレバーを叩くにスンと通常画面に戻る様は衝撃的の一言。

しかもそれが頻繁にあるので、俺の周りには「全台バグってる説」すらもありました。

コイツを打ち込んだ人というのは過去に一人しか知らんのですが、その人曰く「ずっと打ってると台と会話してる気分になった」との事です。

意味はわかりませんが要約すると「案外面白かった」らしいので、まあなんでも極めると楽しいんだろうなと、パチスロの奥深さを改めて思い知らされるエピソードでした。

ちなみに俺もこの台はわりと好きで近所で稼働してるうちは打ってました。

最後まで演出の意味は良くわからず「これは流石に当ってるべ」からの「なんでやねん」を喰らいまくっておりましたが、それを含めて何か癖になる機種だったのは間違いないです。

なおオーイズミの看板キャラである「1000ちゃん」のキメ台詞(?)である「お昼だぁ~★★★」ですが、これはご元々「大繁盛本舗」の演出のひとつ。

ワードアートで作ったような飛び出し文字でひらがなの「おひるだー」が正確な表記です。

長音記号も「~」じゃなくてまっすぐのほうが正解なり。

これをスーツ姿の男が右手を挙げて叫ぶという、めちゃくちゃにバカっぽい見事な演出でありましたが、これを現代に蘇らせるとは、さすがオーイズミ。

恐ろしいメーカーです。

パチンコ・パチスロの最速解析情報はパチマガスロマガモバイルで完全網羅!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー