【栄光なき名機たち】超アツ過ぎる親子喧嘩から目が離せないッ……!!【パチスロ グラップラー刃牙・千奈里編】

私が好きになる台の大半は、ホールのメイン機種にならないようなバラエティコーナーにぽつんとあるような機種ばかり。そんな中から面白い台を探すのが好きなのですよ!

「栄光なき名機」を挙げろと言われても選びきれませんが……。悩みに悩んだ結果、私が選んだ1台は「パチスロ グラップラー刄牙」です。 

ART中がとにかく楽しい!

刃牙のことを知っていても知らなくても、ART中は十分楽しめます! レバーを叩くのも、ストップボタンを押すのも、いつも以上に力が入る。あたかも自分がトーナメントに出場している気分にさせてくれる。迫力あるバトル映像、演出に魅了されることは間違いありません。

地上最強を目指す者たちとバトルを繰り広げる、ART「地上最強トーナメント」。まずはART開始時に赤7or青7が揃うのですが、揃った絵柄によってその後のシナリオが決まります(青7は上位シナリオに期待)。対戦相手を決める闘士入場の15G間は、誰が対戦相手になるのかワクワクドキドキです。

もちろん勝利に期待できる相手が選ばれて欲しいところですが、1戦目に期待度が低いジャックハンマーが選ばれると絶望…という訳ではありません。

なぜなら、勝利すればその後は勝利期待度が高い相手しか選ばれないからです。まさにシナリオタイプの良いところを活かしつつ、お馴染みの強い者たちとのバトルに一戦一戦アツくなれるのがこの台のポイント。

対戦相手が決まればいよいよバトルへ。ここからは範馬刃牙=自分だと思い込んで打つようになっていきます(笑)。

己のヒキでどうにかできる自力感が魅力!

バトル画面の左右には相手の攻撃ゲージと刃牙の攻撃ゲージがあり、どちらかがMAXになると継続バトルへと発展します。

つまり、なるべく自分のゲージを貯めつつ、相手の攻撃ゲージを貯めさせないのがポイントとなるわけですが、刃牙はベルで攻撃ゲージを貯め、相手は小山のリプレイで攻撃。相手の攻撃演出発生でも、刃牙がカウンター攻撃すれば、こちらの攻撃となります。

カウンターを決めた瞬間や継続バトルで立ち上がると、思わずガッツポーズ! パチスロの刃牙は相手の攻撃をバンバン食らっちゃうからね…(苦笑)。

また、レア小役などで攻撃HIT率が上がると、簡単にダメージを与えることが出来てバトルが有利に進むんです。HIT率が高ければ高いほど、原作と同じように強い刃牙になる。これがまた、自分が強くさせている…いや、自分が強いからだって気持ちになるんですよ!

その他にもART中にボーナスを引いた際は、ストック獲得にも期待が出来るため、バトル中はとにかくヒキが大事! 勝利期待度が高い相手でも、ヒキが悪ければボコボコにされて終了…。そんな時は自分が弱かったと思い、優勝した時には自分が強いと思え! いや、勝手にそう思います(笑)。

トーナメント制覇後は地上最強の親子喧嘩に突入!

トーナメントを制覇した先には、父であり地上最強生物の範馬勇次郎が待っている。そう、『地上最強の親子喧嘩』の始まりです!

トーナメント中よりも演出や映像の迫力は倍増しているから(気がするだけだと思うけど…)、リアルに勇次郎と喧嘩してる気になってしまいます。

観戦者目線だけど、あのエア夜食もリアルに体験している気分になるってわけ! 最高でしょ?

刃牙ファンならニヤけること間違いないしの特化ゾーン! 終了したらまたトーナメントの1回戦からとなるので、何度でも勝ち上がり親子喧嘩をすることが出来ちゃうのもポイントです。

一度でも「強さを求めた」者ならば、打つと好きになる機種。それが「パチスロ グラップラー刃牙」だと思います!

懐かしマシンの解析情報もパチマガスロマガモバイルにお任せ!

ライター紹介

  • 千奈里
    パチマガスロマガ専属ライター
    千奈里
    萌えスロ好きでスポーツ万能型のライター。パチスロでは萌え台を中心にアニメ系の台を打つことが多く、激アツ演出が出るたびに写真を撮っている。普段から体を動かすことが好きで、剣道の有段者でもあり男勝りなところも。最近ではパチンコも覚え始め、ライトや甘デジ系の台を打っている。好きな機種は「スーパー戦隊」。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー