総投資額26万円! 猛爆「源さん超韋駄天」に全ツッパ!! デッドオアアライブな7人7色の特攻実戦!!【源-1GP vol.1】

月刊パチマガスロマガ 2020年10月号掲載記事

未だにホールで人気を博す「大工の源さん 超韋駄天」。その人気は導入直後から高く「月刊パチマガスロマガ」誌面でも何度も大きく扱われてきた。

そんな数ある記事の中でも特にそのスペックと人気の凄さを見せつけた企画が、この「源-1グランプリ」! 今読んでも本機の破壊力と企画の無謀さに衝撃を受けること間違いなし! というわけで、今回はその記事をWEB版として、原稿・実戦データともそのままに完全復刻! 全4回に渡ってお届け予定だ。ぜひ当時の勢いを感じながら読んで楽しんでもらいたい。

では、完全復刻版「源-1グランプリ」、再スタート!!


時速5万発の大工に夜9時まで全ツッパ!!

【誌面の始まりを飾るのに 全く華のない面々が…】

継続率80%×時速5万発が可能な圧倒的速さが人気を呼び、 中古価格は(2020年)8月4日現在220 万円まで高騰。 10月の再販を待たずして、今年ナンバー1の呼び声が早くも上がり始めている 「大工の源さん 超韋駄天」。

ただ、その荒波ゆえに終日打ち切ることは容易ではない。 普通の人がなかなか出来ないことをするのもライターの仕事…と筆者は思う。 投資リミットなし、夜9時までは問答無用で打つ無謀極まる今回の企画。

よもや、参加者が7人も集まるとは (笑) 。全く、どうかしてる (誉め言葉だヨ☆)。何だかドラクエで言えば、最初の名もなき村人A感が凄いけど。でも、 実戦自体はガチ中のガチ。 名もなき者達(失礼!)の超韋駄天全ツッパ実戦をお届けする!!

【1stDAY】源界突破寸前の展開に吐き気が…

【夢か幻か… それとも現実!!】

この依頼が来た時「俺も丸一日打つの? 出来れば一撃当てたら帰りたいんだけど」と、上司に言ったら「丸一日だよ。 バカなの?」と返答が。 正直、上司だからあまり大声で言いたくないけど、 控え目に言って「死に候え」って思ったわ!

ということで、忙しいけど実戦。でも前号の企画「韋駄天生活」 でかなりオイシイ思いをしている。それにSNSでも世の中には4~5万発の報告は多数あるから、最初に出玉ができれば簡単だろ!  …なーんて思っていた。

そしたら1300ハマリ。いや、ハマるのは良いんよ、慣れてるから。でもね、回転率が悪過ぎる。時間もないから下見もせず打ったわけだけど、8万円以上ヤラれる覚悟はしてなかったぞ。どうしてくれる? クソ上司ーーーーーッ!!

しかし、全回転からRUSH突入。ここから爆連か~連チャンしすぎて目立ち過ぎちゃうよ〜♪ ライターのみんなゴメ ンな、いきなり覇権握りますわ (テヘペロ) ! ......という夢を見た。4連て。

でも、その後にまた全回転! さっきはリハーサルでココからが本番。コロ●もビックリな俺の経済事情が V字回復ですわ♪ ......という幻を見た。平均連チャンとは?  夢ばっか見させやがって!!

【2ndDAY】奥義『トイレ打法』を使うと…7%が待っていた!

【ヒキがやば谷園の ムーリー春雨 (笑)!】

コロナの影響で機械代を節約するホールも多く、本機の導入店は多くないが、非常に客付きが良い。

「これなら、多少還元するホールもあるのでは?」 と、十数軒設置店を調査するもボーダーに届かないお店ばかり。最 後に訪れたホールで、ようやくボーダーくらい回る台を発見。今後のためにも、今回はここで実戦をするとしましょう!

基ゲージは甘くなく、見た目がしっかり良くないとボーダー超えることは無さそう。 さらに、手前ネカセはステージ性能も悪くなる印象。 打ち出してみると、演出はスーパーサイ○人など突っ込みどころ満載(笑)。

3時間近く経過し初当り。どうやらワンツーは効果はありそう。そして超源ラッシュにも初突入。ここからめくるめく連チャンし、膀胱炎にでもなったら大変。まずはトイレへ行き、右打ち開始......から出現割合7%のお単。止め打ちを猛特訓し望んだ、キャプテンロバートの初当り単発の悪夢を思い出した。

早速の洗礼を受け、心に7%の傷をもつ男になりながらも続行。 持ち玉で二度目のラッシュ。右打ち爽快さは類をみない! 結果的にはマイナス収支となったが、もうちょい回る台が確保できた際は是非、場内指名してみたいと思う一台でした。

今回はここまで! 続きは6月4日更新予定!!


『P大工の源さん超韋駄天』の機種情報はこちらから!!

ライター紹介

  • 虚心坦懐
    パチマガスロマガ専属ライター
    虚心坦懐
    限りなく漆黒に近いグレーパーソン。しかし、その知識は半端なものではなく、怪しい噂のある「攻略」は大抵知っている。アナログ系の役モノパチンコにも強い。ちなみに、真性のキャバクラ好きで、10割がキャバクラ攻略の話……らしい。まさに、攻略特化型なライター。
  • チキショウ君
    編集部
    チキショウ君
    仕事があろうとなかろうと、暇さえあればパチンコを打ちに行ってしまう半社会人的な存在。上司に対して敬語を使うことを知らず、「仲間なんだから敬語なんていらねーだろ!」と、まるで自分が正義のように振る舞う赤ちゃん。パチンコ以外のことはからっきしで、総理大臣の名前すら知らない。しかし、ことパチンコに対しての情熱は人一倍すごく、編集部員の中でも一番打っている。そのため、ライターのように原稿を書くこともあれば、実戦企画にも参戦することも多い。現在は携帯サイト連載企画「遊タイマーズ」として毛玉3号と仲良く(?)過ごしている。

新台導入カレンダー