【パチスロ】この台はエロではない、スケベです【真田純勇士すぺしゃる編】

※過去の「栄光なき名機たち」記事

チワッスあしのです!

今回ご紹介する栄光なき名機は2012年にニューギンが世に送り出した『真田純勇士すぺしゃる』です。

私感ですが、2012年といえば5号機市場がついに爛熟を迎えた年でありましょう。

この年だけで『バジリスク甲賀忍法帖II』『麻雀物語2』『秘宝伝-太陽を求める者達-』などを始め、5号機史に燦然と輝く名機たちが数多く生まれており、みなそれらを遊び尽くすのに忙しく立ち回っていた時期でありました。

いやぁ、この時期のパチスロはマジで面白かった。

筆者もこの時期は隙あらばホールに通っており、家に実機が欲しいくらい大好きな機種も多いです。

と、要するに、ここの時期は選手層がめちゃくちゃ厚いかったのですな。

よっぽど高い完成度か、あるいは斬新なシステムを搭載しないとなかなかどうして太刀打ちできない状況のなか、そこに「お色気」一本を武器として立ち向かった兵(つわもの)がいました。

それが『真田純勇士すぺしゃる』、以下『さなスペ』であります。

5号機・ニューギン/2012年

どんなシステムだったか

『さなスペ』はボーナス+ARTという当時としては非常にスタンダードなスペックであり、その部分に関して特に語る事は無いのですが、特筆すべき部分として「ARTが2段階になっていた」ことが挙げられます。

1段階目のARTは「常夏の陣」で、ここはゲーム数が尽きるまでの間に特殊リプレイ(ベ・リ・ベ)を引くのが目的になります。

継続ゲーム数は不定。突入契機によって初期ゲーム数が変化するほか、上乗せも存在します。

「常夏」中に「ベ・リ・ベ」を引くことができれば2段階目のARTである「バナナスプラッシュ」に突入。

こっちは30G固定で、かつ上乗せ特化ゾーンにもなっています。

表示されるキャラの組み合わせにより激アツとなる小役が違い、美味い状態の時に指定のレア役を引ければ大量上乗せが狙えるぞ、と。

これだけ聞くとなんてことはないのですが、これ「バナナ」終了後はまた「常夏」に入って残りゲーム数を消化するんですよね。

もちろん「バナナ」中に発生した上乗せは「常夏」の方に加算される。

ちなみに「ベ・リ・ベ」の成立確率は約1/12との事。

そう、これ「バナナ」は今でいう疑似ボーナスみたいなもんなんすね。

「常夏」のゲーム数が尽きるまでの間に何回疑似ボを引けるか、みたいな。

考え方としては今の『バイオハザードRE:2』とか『笑ゥせえるすまん4』にちょっと近い。

で、前回の「大繁盛本舗」もそうでしたけども、この機種に関してはそういう部分はマジでどうでもいいです(まじかよ)。

初めて見たわこんな乳揺れ

まあ「バナナスプラッシュ」とかいう単語が出てくる時点で何となく察せますが、この機種のジャンルを一言でいうと「バカ&スケベ」です。

実際観てもらえると一発で分かるんですけど、決してエロではない。

スケベです。

全ての演出がだいたいそんな感じなのですが、特にわかりやすいのが通常時に突如発生する激熱のカットイン演出。

それが「レバーを叩いた瞬間に女の子と女の子がバストをぶつけ合う」という身も蓋もないもので、今となっては類似の演出も結構あるんで伝わりづらいのを重々承知で言わせて頂きますと「あ、パチスロの演出がひとつ壁を超えたな」と。

当時の筆者は歴史が動くさまを目の当たりにし、いたく感動した次第。

あまりの衝撃に一時期はこればっか打ってましたもんね。

バイーンッッ! てなりますからねマジで。

天才の仕事に違いない。

ちなみにこちら「すぺしゃる」って付いてることからもわかるように、シリーズとしては二作目になります。

親機は2007年リリースの『真田純勇士』。

また2016年には後継機として「真田純勇士-ラブストライク-」がリリースされております。

が、その先は現在まで無し。

ニューギンさんならきっと、いつか6号機でもバイーンッッてやってくれるハズだと俺は信じています。

パチンコ・パチスロの最速解析情報はパチマガスロマガモバイルで完全網羅!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー