いよいよ実戦開始! まずは『凱旋』の設定6と設定1で対決!!【PLAY BACK/GODタッグマッチ②】

『凱旋』バトル1人目はタイラ! 爆裂間違いなし(!?)の設定6に挑む!!

パチスロ攻略マガジン 2018年2月号掲載記事

2018年年明け。導入からすでに数年が経過しているにも関わらず、当時も人気を博していた2大機種。それが「ミリオンゴッドー神々の凱旋ー」と「アナザーゴッドハーデス‐奪われたZEUSver.‐」だ。

この2機種を設定1と設定6で実戦した場合、はたしてどちらが大量獲得できるのか、そして爆発した時の威力はどちらが優れているのか―そんな疑問を解消すべく4人のライターがタッグを組んでガチ実戦を敢行! はたしてどちらが一撃必殺の結果を叩き出すのか!?

いよいよ実戦! 凱旋の強烈スペックを証明できるのか!?

第1回はこちら!!


5号機最高峰のスペックを魅せます…たぶん

高設定でも展開次第だからこそ夢がある

昨年は、本機との付き合い方が変わった年だった。それまではハイエナで打つことがどうしても多かったのだが…それが一転、高設定狙いで打つ機会が増えたのだ。

5号機トップクラスのハイスペックゆえ、そりゃ設定6が多用されることはない。ただ、ここ最近、力のある店がその力を見せつけるかのように、全台高設定なんてことをやるようになってきた。その結果、凱旋にも高設定が見られるようになったように思う。正直、リスクも高い機種だし、設定が早々に分かることも滅多にない。高設定が入るという自信がなければ、粘れないし、埋もれてしまうだろう。それが、ハイリスクハイリターンなゴッドシリーズの悲しき運命なのだ。

例えば、今回の実戦でもそう早々にリプレイ3連からG-STOPに当選したとはいえ、気付けば投資は4万越え。高設定らしき挙動もあるが、それでもビビってヤメていたかもしれない。これがもし、高設定が入るか分からない状況なら、リスクのことばかり考えてしまうから。

とはいえ、そこはさすがのハイスペック。今回粘った先に待っていたのは、見事なまでの逆転劇だった。

正直な話、高設定狙いをするにしても、もっと気軽に狙える機種なんて沢山あると思う。それでも、こんな展開があるからこそゴッドで夢を見たくなるし。ただ出来ることならSGG-EXだけはプライベートで引きたかったなー(本音)。

今回はここまで! 次回更新(10月9日予定)では、『凱旋』の設定1を実戦! 一撃の威力でプラス差枚を狙う!! お楽しみに!!

ライター紹介

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー