100%の精度で推測することは不可能【第48回・SLOT魔法少女まどか☆マギカ編】

設定6の反応を見せてくれない

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2014年4月号より順次転載

→過去の記事はコチラから

パチスロで勝つには、設定推測が重要だ。

打っている台の設定が分かれば、パチスロで負けることはない。

確かにそれはそう。

しかし昨今の機種で出来るのは、文字通り設定の推測まで。

確定要素でも出現しない限り、推測の範疇を超えることは出来ないのです。

今回の実戦は、各列に設定6複数アリという内容の某店。

各列約14台なので、まあ1/7程度の確率でしょうか。

これだけでは分が悪いけれど、以前の特定日では、前日ベタ台(差枚最マイナス)が当たりだったというそれなりの根拠あり。

これを踏まえた上での狙いは、SLOT魔法少女まどか☆マギカ5台、秘宝伝 ~伝説への道~4台、パチスロ化物語4台の列。

本命は一番台数の多いSLOT魔法少女まどか☆マギカのベタ台です。

開店1時間前に到着すると並びは20人ほどで、無事狙いの前日ベタ台を確保出来ました。

あとは読みが合っているか、ホールの情報がガセではいないかの確認作業!

根拠という点では問題ないこの台。

しかし、なかなか設定6の反応を見せてくれない。

いや、確かに開始30分でマギカラッシュ直当たりを引いたけれど、それ以外の挙動が悪い。

気が付けば直当たり確率1/1500だし、弱チェリーに至っては1/120台。

さらに二つ隣の台が3回目のマギカラッシュ直当たり。

同シマに6が複数あるとは考えづらいし、これは致命的か…!

間違いなく途中でヤメてました

正直、アカンと思いました。

これは中間設定に踊らされているパターンだと。

どのタイミングで見切ってやろうか、そればかり考えてました。

しかし、午後13時を回った頃、本日2回目のプチボーナス中にて、なんとキュゥべえが出現!

うわっ、危ねえ…! このまま推測要素に上がり目が無ければ、あって中間と決めつけヤメていたかも。

しかしその実、キュゥべえ出現。

完全に設定を見誤ってました。

ちなみにキュゥべえは設定56濃厚とありますが、僕はどんな挙動であろうと全ツッパ確定ということにしています。

なぜなら、設定6以外でキュゥべえが出る可能性よりも、設定6が6の挙動をしていないだけの可能性のほうが圧倒的に高いと思うから。

それにキュゥべえが出たのに設定1みたいな挙動したら、それはそれで貴重な経験ですからね。

中盤までは出玉・推測要素ともにヘロヘロな内容だったけれども、後半以降は出玉もしっかり付いてフィニッシュ。

普段なら設定6かどうか迷うような推測結果ですが、キュゥべえが出たことで確信を持って打ちきれましたね。

しかしながら、もしキュゥべえが出てなかったら間違いなく途中でヤメてました。

絶対に6は無いと言い切ったかもしれません。

どんなに知識のある台でも、100%の精度で推測することは不可能なのだと痛感させられましたよ…。


SLOT魔法少女まどか☆マギカ

総ゲーム数…9572G
ボーナス出現率…1/183.40(40回)
ART直当たり…1/1925.50(2回)
獲得枚数…6546枚
投資金額…1万4000円
換金額(5.6枚交換)…11万6500円
収支…+10万2500円

現在のヘミニクから一言!

高設定が低設定っぽい挙動をしてもヤメないほど強い根拠を持って打てれば、パチスロは勝てます。

今回はキュゥべえに助けられてますが、言ってしまえばこれも高設定挙動ですからね。

ただ、挙動が弱くてもヤメてないってことは、それなりに強い根拠を持って挑んでいたということでしょうね。

キュゥべえ出現はそのご褒美みたいなもんですね。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー