「気持ちイイ~ッ!」瞬間とは【第62回・ハッピージャグラーVⅡ編】

ニブイチ設定6を探し出せ!

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2014年4月号より順次転載

「気持ちイイ~ッ!」 と感じる瞬間はいつですか? と問われたら、みなさんは何と答えるでしょうか。

いや、下ネタではございません。

まあ確かに、好きな女の子と話しているひとときは桃源郷を彷徨うような感覚だけれど、パチスロにだってそれに負けずとも劣らぬ瞬間が存在するのです。

この日は朝イチにSLOT魔法少女まどか☆マギカ2を打ち、昼過ぎには約4万円の負債を抱えて退店。

昨今のARTを打てばこれくらいの投資はザラだけど、ここからプラスに転じさせるというのはなかなか骨の折れる作業である。

電車を乗り継ぎ向かった先は、特定日の某店。

本日2分の1で設定6の機種がある模様。

しかし、それを探しているお客は皆無。

なぜなら、この店に設置されている機種は全部で57機種もあるため、探してどうにかなるレベルではないから。

まあ厳密にいえば2台機種などは省かれるけども、自力で探せる確率ではないでしょう。

そして、お客が2分の1シマを探さないのにはもうひとつ理由がある。

このホールは夜になると、店内のマイクで当たりシマの発表をするのです。

つまりわざわざ探すリスクを負わなくとも、夜まで待てば当たりシマに辿り着けるという訳。

ならば打たずに見に回るのが得策というものでしょう。

今無理に攻める必要などどこにもない

しかし僕は探してみる。

敢えてね。

このホールはニブイチ機種以外にもポツポツと設定6を使っているので、点在する6を探しつつ2分の1シマに辿り着くというのが理想形。

6っぽい台が見えれば、その機種が当たりシマである可能性も持てますし。

てことで気になった北斗強敵を軽く触ったのち、暫くホールを巡回。

すると、ハッピージャグラーVⅡのシマで足が止まる。

設置14台のうち、稼働している2台は設定6のボーナス確率の近似値で当たっている。

他の台はほとんど回されていない。

1台だけならまだしも、設定6っぽい台が2台見えるなら、ここが当たりシマの可能性が高いのではなかろうか。

とはいえ、もう30分も待てば店内アナウンスで対象機種は告知される。

今無理に攻める必要などどこにもない。

しかし僕には、このハッピージャグラーVⅡは、もう十分打って良しな状況に見えた。

打ち始めて30分、ボーナスを3回挟んだ頃、大音量の店内にアナウンスが入る。

「ハッピージャグラーVⅡ、本日2分の1でハッピー!」。

それと同時にシマへお客がなだれ込む。

先程まで閑古鳥の鳴いていたハッピーは一瞬でフル稼働。

瞬間、僕は 「計算通り…!」 的な笑みを浮かべ、小さく頷いた。

 パチスロを打っていて 「気持ちいい~ッ!」 と感じるのはまさにココ!

自分の読みが当たった瞬間!

例えるなら、好きな子の気持ちが読めて、両想いに発展するようなもの。

絶頂モンでございます。

これが気持ち良いから、パチスロやめられないんですよね。

まあ、両想いなんてここ6年くらい体験してないし、結局ハッピージャグラーも8000円投資からの換金ナシで、この日はそこそこな額負けてるけども。

 

この日の収支

総投資金額…6万6000円
総獲得枚数…712枚
総換金額…1万2500円
収支…-5万3500円

現在のヘミニクから一言!

なんか気持ち悪いコラムだなぁ。

何年に書いたやつだ? 2016年か。

まあまあ拗らせてるねこれ。

それは置いといて、今の自分もわりとアグレッシブに攻めていくスタイルなので、攻め攻めスタイルは嫌いではない。

ただ、今は通い慣れているホールだから攻めているのであって、この頃のこのホールだと大して傾向を掴めていないハズ。それはよろしくない。

攻めのスタンスはホールの傾向を掴めていて初めて成立する。

結果はともかく、今回は上手くいっちゃったパターンだと思います。

面白コラムから機種攻略まで…パチマガスロマガモバイルでは楽しさと最新情報を随時発信中!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー