【PLAYBACKスロマガ@2014】第6回 スロマガ王②(2014年ドラゴン7月号~2015年ドラゴン1月号)

「マガ王」スタート記念! 「第6回 スロマガ王」は予選ブロックBに突入! 松本バッチ・レビンらも参戦!!

「第6回 スロマガ王」のルールを再確認!

誌面で行われた最後の「スロマガ王」であるこの第6回。実力者がひしめきかなりの大混戦が予想されます。そんなスロマガ王の振り返りをあらためて楽しむために、まずは今大会のルールを再確認。

参加者24名は3つの予選ブロックへ。そこから各ブロックの収支上位4名が2つにわかれた準決勝ブロックいずれかへ進出します。さらにそこで収支勝負が行われるのですが、準決勝では予選の収支をそのまま加算。つまり、予選で大勝した者ほど有利なルールとなっています。準決勝は各ブロックから上位3名が決勝ブロックへ進出。そこでトーナメントが行われ、6代目王者が決定します。

そんな激闘の予感を感じさせる「第6回 スロマガ王」。今回は予選ブロックBの模様をお届けします!

しっかりと結果を出し松本バッチが首位通過!

予選ブロックBでは、確実な勝負か、一撃の勝負かで機種選択がわかれる展開に。最終的には確実な勝負を選んだメンバーが準決勝ブロック進出を決めましたが、松本バッチは一撃の勝負に成功! 見事、10万円オーバーの収支を叩き出し首位で予選を通過。これは準決勝ブロックでもかなり有利に戦えるのでは…と感じさせます。そして4位には本サイトで活躍中のヘミニクの姿も。

大きな戦いに弱いとされるレビン・菊丸はここで姿を消してしまいましたが、次回予選ブロックCにはトニー&タイラが登場。この2人の活躍をお楽しみに!!

 

ライター紹介

  • 松本バッチ
    パチマガスロマガ専属ライター
    松本バッチ

    福島県出身。大学卒業後、薬剤師として働いた後にパチスロライターへと転身。パチマガスロマガを始めとする各媒体における連載やCS番組へのレギュラー出演等、多方面において活動中。波の荒い機種からノーマルタイプまで、幅広く好きな機種を自由に打ちまわるが、立ち回りは意外と(?)シビア。読み応えのある原稿、面白トーク、ガチンコ実戦等、何でもこなせるマルチエンターテイナー!

    松本バッチ関連記事はこちら!

  • レビン
    パチマガスロマガ専属ライター
    レビン
    お気に入りの機種はひたすら打ち込みまくるスロマニアで、特に北斗シリーズ&番長シリーズへの愛と知識量は業界随一。「レビンの機種解説はアツ苦しいが超濃厚でためになる!」「本当の楽しみ方がよくわかる!」と、アツいスロ好きからも絶賛されている。また、プライベートではジム通いが日課となっており、編集部では「筋肉番長」の異名も持つ。プライベートでは一児のよきパパであり、パチンコを楽しむ一面も!
  • 菊丸
    パチマガスロマガ専属ライター
    菊丸
    萌えスロとノーマルタイプを愛する二刀流スロライター。さわやかな笑顔の裏で2次元への愛を貫く「紳士」であり、基本はガチ勢らしく実戦しつつも、密かにお気に入りの演出写真を撮ろうといつも機会を伺っている。ノーマルタイプではジャグラーシリーズやアクロス機種などを溺愛。笑った時の顔が「抜作先生」に似ている。
  • ヘミニク
    パチマガスロマガ専属ライター
    ヘミニク
    パチスロに対する豊富な知識量を誇り、高設定を狙って良し、ハイエナして良しの高いパチスロ力と高い文章力を兼ね備えるガチプロライター。先輩はもちろん、後輩からもイジられるキャラは愛されている証…? 後輩の面倒見もよく、企画「スロマガアベンジャーズ」では皆をまとめ、勝利へ導くキャプテンとして頼りにされている。

新台導入カレンダー