前回王者ドラ美は今回も魅せるのか!? 仕置人チーム2人目、出陣!!【PLAYBACK/第2回 令-1グランプリ④】

初打ち機種を実戦! ビギナーズラックで爆連なるか!?

パチンコ攻略マガジン 2019年10.26号掲載記事

2019年=令和元年―その年号を冠して連チャン力を競う大型企画「令-1グランプリ」!!

前回までお送りした第1回に続き、今回は第2回の模様をPLAY BACK! 全8名のライターが4人ずつの計2チームに分かれて2機種を実戦。前回同様に収支は完全無視、ひたすらに爆連を目指し、そのときの出玉数で競うというヒキの強さが試される実戦企画となっている。

またチームは「牙狼 冴島鋼牙」「必殺仕置人」それぞれに分かれており、どちらの機種がミドルスペックの最強連チャンマシンなのか、雌雄を決する戦いともになっているのだ。

今回もそんな実戦の模様をWEB版として完全復刻! 8人の死闘の模様を振り返っていく。今回は仕置人チームから優勝候補(!?)の2人目が登場!

牙狼チーム 1人目 2人目
仕置人チーム 1人目


前王者ハ爆連以外許サナイ

ネタは取れても記録は取れず

私は担当編集さんに確認しました、初打ちですが大丈夫ですか? と…。ということで、前回優勝したことだけを引っさげての参戦です。

こうなると普通な実戦になってしまったら、ネタに困ること間違いなし。そんな実戦は初当りから確変に突入や、ラウンド中の死神参戦も見れたり。こんな好スタートもあって、余裕のある内容で終わるかなと思っていたんです。…途中までは。

気が付くとお金を入れる作業を続けていた。何とか来てくれた確変も、4連と大して続かず。投資がかさんだってネタだけはゲットできたから、中途半端な負けと連チャンよりかは良かった…わけがあるかー!!

そう言えば少ない当りの中身は、死神に関係したのが多かったような。もうメインキャラは仕置人達ではなく死神様状態。もしや、この死神に取り憑かれたような結果の予告も兼ねていたのだろうか。

この1番は欲しくない

前回の原作愛に続き、今度はビギナーズラックと思っていたのですが発動できず。最後、私を含め3台がほぼ同時に確変に突入。早々に終わってしまい。この写真を撮って出玉を流すまでの間も、他の2台は余裕の連チャン中でした。悲しみの1番乗り。


予想外の波乱!? ここまでの途中経過は…

時には予想外だから面白い…と思う!!

うぐわ! 僕の予想を覆す波乱(馬並ダビ男予想を参照)が、早くも起きてしまったのネーン。ネーン、ネーン…。

前回のチーム腐女子優勝のときも思ったけど、パチンコってば「愛」なのかなぁ…と、勘違いしそうな結果を見続けてる気がするのねん。

この結果から、チーム戦では牙狼が圧倒的優位な立場に。でも、一発勝負の怖さと面白さが「令-1グランプリ」。今回の遊喜ちゃんを上回る結果が出てくれば、大逆転劇もある。仕置人チームがどんな動きを見せるか、楽しみになったのねん!!

今回はここまで! 次回更新(12月11日予定)からは後半戦に突入! 牙狼チームはこの好調な流れをキープできるのか!? お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー