【伝説企画】裏ウラべっかんこ~! 第6回【ビガー編】

〇パチスロ攻略マガジン1997年2月号より転載

落合、日ハム!? なんでやねん。素直にヤクルト行けばいいのに。ところでタイガースどうすんだ? 家のファミスタだと桧山だけど...。


※裏モノとメーカーは一切関係ありません。

 

電源入れたら「ボンッ!」と爆発

先月号はどうもスミマセンでした、の上原です。

いやはやホントに申し 訳ないと思っている次第で、今月号 はいつにもなく気合いが入っています。

まあ、篠原風に言うのであれば、まさに「チョーやる気!」って感じですかね。

 

と、そこで気合いとは裏腹に、家庭にチト問題が生じてしまったのであります。

なんか家電が次々に壊れていくんですよ。

しのけん家もそうらしいのですが、僕の家のは原因不明。

 

そりゃあ、あさがおの組長ん家みたいに、7~8年選手が揃っているのなら分かるけど、僕ん家のそれはまだ3~4年選手。

それなのに洗濯機・ビデオ・テレビの3連チャンですよ。

そんでもって、メカ音痴の僕としては壊れた電化製品に対して「叩い てみる」くらいの抵抗しかできないんで、お手上げです(原始人以下だな~)。

これで洗濯機は直ったから良かったんですが、テレビとビデオは買い換えるしか方法がありません。

確かに、電気屋さんに故障を見てもらえば良いんでしょうが、困ったことにビデオの中にはHなテープが入ったまんまなのです。

テレビの方は「ボンッ!」という音と共に破壊したので無理だとしても、ビデオはイケルかも知れません。

しかし中に入っているテープが......なのです。

 

電気屋さんは男でしょうが、やはり恥ずかしいことに違いはありません。

う~ん、両方とも買い換えなければならないのか~。

そんでもって、今年になってからコンタクトも4回無くしているし、 テレビ・ビデオも買い換えるわ、 妹が結婚するわで、かなりの出費。

もう、いい加減お金がありません。

 

裏モノを打つという行為は、それに伴うリスクがかなり掛かるワケですが、これらの理由から今回チト心配です。

すぐヤメそうで…。

気分が「チョーやる気!」だっただけに、ここでお金を失ってしまっては、これからの生活が......。

なんて言っても許してはもらえないでしょうが、とにかくページをめくってやって下さい。

ちなみに、すぐ怒る人 (怒りやすい人)は次のページは決して開かないで下さい。

 

ウソ?ホント? まだビガーあんの

さて、今月は裏モノパチスロ史上「抱かれたい機種ナンバー1」だった、ビガーのチェリーバージョンで実戦。

いやはや絶滅していたと思っ ていた機種なのに、いまだに残っていたとは.....。うう....(涙)。

事の発端は、サザエさんの笑顔のように、「当たらない菌」を常に振りまく編集部の斉藤菌情報で、なにやらドライブの途中に見つけたとか。

で、それを前「39時間実戦」の担当者である福ちゃんが確かめたので間違いないらしい。

 

しかしである。

なにやら話を聞いてみると、そのパチ屋は「寂れた街の、寂れたパチ屋」らしいのだ。

確かにビガーは打ちたい。

しかし、そんなパチ屋では打ちたくない。

だってシチュエーション的にキツイではないか。

仮に大負けでも喰らったら「寂れた街の、寂れたパチ屋で、寂れているお兄ちゃん」と、最悪な状況だ。

いや、今の自分だったらそうなる前に、とっととヤメてしまうかも知れない。

いや、きっとヤメる。

絶対にヤメる。

うん、断言できるぞ (って、するなって)。

 

ということで、福ちゃんに同行を哀願。

すると返事はあっさりOK。

よし、福ちゃんの引退の花道はこのコーナーで作るぞ(注・福ちゃんは今年限りで編集部を去ります)。


さて実戦日なのだが、そのパチ屋は「5」が付く日はイベントがあるらしいのだ。

福ちゃん曰く「なんか5が付く日はサービスデーらしきことが書いてありましたよ」との事。

もちろんこれを逃す手はない。

 

これで全ての条件は揃った。

いよいよ、問題の「5」の付く日となり、実戦当日である。

家から電車を2度ほど乗り換えると、さすがに「ドナドナ」を歌いたくなる雰囲気になってきた。

僕はいつもそうなのだが、知らない土地でチョットでも寂れた雰囲気、しかもひとりとなると、必ず「ドナドナ」を歌いたくなってくるのだ。

それを心の中でハミングしていると、それに拍車をかけるように、どんどん寂しくなってくるのだ(だったら、しなきゃいい のにねぇ)。

 

そんなワケで、駅を降りて福ちゃんに会ったときはどんなに嬉しかったことか。

もう「ドナドナ」歌ってた頃は、「福ちゃん、ちゃんと来てくれるかなぁ~」とかブルー入ってたもんなぁ~。

 

で、入店。

確かに店の張り紙には「5の付く日は良い」らしいことが書かれている。

だが客がいない。

寂れたパチ屋にしても「これはないだろう」と言いたいくらい客がいない。

しかも、パチンコは連チャン機だらけで、モーニングがある「エキサイト」にさえ客がいない始末である。

マジ不安なんすけど~。

君とは長い付き合いだった…(涙)

そんな不安な中、まずは1万円札を両替する。

するとその上に「飲食類の持ち込みは禁止」と書かれたプレートが張られてあった。

よく意味が分からないので福ちゃんと話し合ってみたが、結論は出ず。

うやむやにしたまま台に座るのであった。

 

すると1プレイ目にチェリー。

イキナリのことに期待で胸ときめくが、チェリーは単発。

やっぱ、そんなに世の中甘くないか、ガックシ。

しかし、ひとつ空けて左隣の福ちゃんも1プレー目からチェリー。

しかも福ちゃんは単発で終わらず、2・3・4回と連続で落ちている。

そして狙った5プレイ目、なんとも見事にビッグ。

いいぞ福ちゃん。

引退の花道を自ら飾ってくれ!

 

さて、ビガーは全部で10台程設置されているが、どうやら様子から察してリセットモーニングがありそうだ。

遅れてきたおじさんも、すぐにビッグを引いたので間違いないハズ。

そうか、今日はサービスデーだから設定を上げたに違いない。

こう考えるとつじつまが合うではないか。

ということで、初チェリーがビッグに繋がらなかったら、台を移動という形が好ましい。

それにビガーは打ち込んだ機種だから、だいたいチェリーが落ちるところが分かるしね。

 

ということで移動の嵐が始まった。

初ビッグは2台目で来たモノの、のまれヤメ。

この店は、朝一ボーナス絵柄が中段に揃えてあるので、それを狙って再び台移動。

もちろん外道な俺は、チェリー分以外のコインはいっさい使いたくないので、チェリーが終わったらコインを持っての移動だ。

グへへへへ。

 

そうこうしている内に、再移動3度目にしてビッグが入る。

ここで連チャンを期待したのだが、来たのは飛び込みのレギュラー。

ふぅ~、やるせない。

ここで気分転換として飲み物を買いに行く。

もちろん今回で引退となる福ちゃんの分もだ。

飲み物を買って帰る途中のこと、クランコのシマにリーチ目発見!

しかもマニアウケしそうな青の右下がりで枠外青だ。

もちろんビッグ100%である。

飲み物を福ちゃんに渡し、僕には前科があるし、福ちゃん引退へのささやかなプレゼントのつもりで教えてあげると、福ちゃんは喜んでくれた。

なんか凄くいいことをした気分だ。

やるな、うえかず。

 

もちろん台に座ってからは気分が良く、コーヒーでも飲もう、と思った矢先である。

福ちゃんが近づいてきて、「上原さん、飲み物ここで飲んじゃイケナイらしいですよ」と言う。

「へぇ?」と思ったが、そういうことだったのだ。

なんとこの店はパチンコ・パチスロのシマに「飲み物を持ち込んではイケナイ」ということらしいのだ。

 

なるほど、やっとさっきのプレートの意味が分かった。

でもちょっと待て、いままでそれこそ数百件というほどのパチンコ屋を見てきたが、こんな店など見たこと無い。

なに考えてんだ、アホかこの店は。

しかし仕方がないので、店の隅っこの方でパックのコーヒーを「チュウチュウ」吸うハメに…。

 

福ちゃんと飲み物を飲み終え、僕は再びビガーに、福ちゃんはコインを流しリーチ目の出ていたクランコのシマにそれぞれゴー。

そこで遠目に福ちゃんを見ていたのだが、福ちゃんの台がなかなか光らない。

確かに打ってはいる。

だが光っていないのだ。

不思議に思って福ちゃんのところに行くと、「回したら中リールがブルブルってした」と言う。

なに? じゃあ店員がワザと出していたのか! まったくヒドイ店だ。

 

しかも「5」の付く日というのはなにも関係ないらしく、店内放送も、それらしき行事も、一向になにも興きやしない。

どうなってんの? ビガーの方はというとシマを見渡しても連チャンの「れ」の字もなく、まったくをもってしてヤル気なし。

途中、台移動が疲れたので打ち込んでも、ウンともスンとも言わない。

多分、もう入れ替えるんで置いてあるだけなのでしょう。

ビガーを愛していただけに、こんなビガーは見たくはなかった…。

ちょっとだけ泣いた。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー