プラス100万円達成!【第94回・パチスロ北斗の拳 強敵編】

過去最高の収支

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2018年掲載号より転載

→過去の記事はコチラから

2月の収支がミリオン突破しました。

パチスロライターとして活動するようになってから過去最高の収支です。

それをドヤするつもりは無いのですが、今回はなぜミリオンを突破することが出来たのか、その理由を説明してみたいと思います。

まず稼働日数は22日。

こんな少日数で突破出来たのだから、さぞ毎日高設定を打てたのだろう…と思うかもしれないけど、そんなことはないです。

朝イチから高設定を狙ったのは22日中21日で、高設定をツモって打ち切れたのはそのうち12日。

そして高設定狙いで得られた期待値は40~50万円ほど。

ここ最近では好調な部類ではあるものの、内容は到底ミリオンには及びません。

次に収支の内訳を見てみると、設定狙い約70万円、ハイエナ約30万円。

先ほどの高設定狙いの期待値よりも実収支の方が大きく、明らかに上振れしています。

つまりヒキが強かった…ということなのだけれど、それ以上に注目すべきはハイエナでの収支が3割を占めている部分。

ミリオンを突破出来たのはハイエナの貢献度が大きいのです。

今の自分の立ち回りは、朝イチ高設定狙い→スカったらハイエナという立ち回り。

近年は高設定狙いが失敗した後にハイエナで期待値をキッチリ積むことが難しかったのだけれど、ハイエナする地域を洗い直したことで、期待値が生まれない時間がほぼ無くなりました。

これまで存在していた 「稼働の隙間」 を埋められるようになったのが、ミリオン達成の要因のひとつと言えます。

設定狙いもハイエナもとことん

とは言っても、収支の7割は高設定狙い。

結局高設定狙いが上手くいかなければ成し得なかったでしょう。

今は色々な媒体が取材と称したイベント・告知を行っているので、ツイッターやLINEをチェックすれば基本的に打ちに行くホールに困ることはありません。

更に、それらのホールに人が集まれば、本当にオイシイ穴場ホールの競争率がずっと上がらないので、今の都内はやりやすい環境にあると言えると思います。

ただ、取材と称したイベント・告知が横行し過ぎている感があるので、いつそこに規制が入ってもおかしくないです。

この状況が長く続くとは思わないので、勝てる内にブッコ抜いてやろうという気持ちで稼働し続けた結果が、ミリオンに繋がったのだと思います。

…まあ、鬼のようにヒキが強かったのが一番の要因ですけどね。

実戦データの日は某媒体の新取材日。

全台系機種アリという煽りだったので、高設定確定演出が出た北斗強敵を打ったところ、そのシマが当たりでした。

新取材一発目はガセる可能性が低めなので、積極的に攻めたことが活きたのだと思います。

今は都内のパチスロ事情が動いている感があります。

そこで生じる勝ちへの隙間を見逃さずに立ち回ることが重要。

勝てる環境だと思ったら設定狙いもハイエナもとことんやるべき。

いつその環境が終わってもおかしくないのだから。

 


この日の収支

総投資金額…3万円
総獲得枚数…5009枚
総換金額…8万9000円
収支…+5万9000円

 

 

現在のヘミニクから一言!

2018年2月の話ですね。

月間ミリオン、良い響きだ。

本文にもあるように、パチスロ収支に関して自分がコントロール出来るのは稼働時間くらいかなと思っています。

期待値は環境に依存するので、そう簡単に上げられるものではない。

収支を上げたかったら稼働時間を増やすのが一番手っ取り早いと思います。

稼働時間が2倍なら収支も2倍!(机上の空論)

 

面白コラムから機種攻略まで…パチマガスロマガモバイルでは楽しさと最新情報を随時発信中!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー