10位と11位はどちらも人気シリーズの4号機ストックタイプ!【PLAYBACK/平成名機ランキング⑨】

ドットと液晶ながらどちらも多彩な演出を搭載!

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2019年6月号掲載記事

令和の時代が始まるタイミングで、パチスロ攻略マガジンドラゴン誌上にて行われた超特大企画。それがこの「平成の名機ランキングTOP31」です。

読者投票を実施し、その結果を集計。それにより平成に登場したすべてのパチスロ機の中からNo.1マシンを決定する企画となっています。

平成元年の2号機時代から平成最後の年の6号機時代まで、約30年の間に登場した最強マシンはいったい何なのか…!? 数回にわけてTOP31を発表していきます。今回はその中から11位と10位を発表! 要チェック!!


■11位■キングパルサー(山佐・4号機)

最大のボーナスストック数は120個!

消化中にボーナスをストックし、基本的には規定のRTゲーム数を消化し終えることで放出される。大量ストックかつ128G以内での放出が連続することで大量出玉を築くことが可能だった。その卓越したゲーム性&連チャン性が好評で、長期に渡り人気機種として稼働を続けた。

■10位■押忍!番長(大都技研・4号機)

吉宗のゲーム性をよりマイルドに!!

後に「番長2」「押忍!操」「サラ番」「鏡」など様々な後継機種が登場し、それぞれが大人気となったことからも初代の功績は計り知れない。3種のボーナス演出や1G連抽選など大きなゲーム性は吉宗を踏襲しつつ、より触りやすいスペックとなり多くのユーザーから好まれた。


今回はここまで!次回更新(11月26日予定)では8&9位を発表!! お楽しみに!!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー