ロングヒットとなった5号機のあの名機が惜しくもTOP5入りを逃す!【PLAYBACK/平成名機ランキング⑪】

奥深いゲーム性! 4号機のリーチ目マシンがランクイン!!

パチスロ攻略マガジンドラゴン 2019年6月号掲載記事

令和の時代が始まるタイミングで、パチスロ攻略マガジンドラゴン誌上にて行われた超特大企画。それがこの「平成の名機ランキングTOP31」です。

読者投票を実施し、その結果を集計。それにより平成に登場したすべてのパチスロ機の中からNo.1マシンを決定する企画となっています。

平成元年の2号機時代から平成最後の年の6号機時代まで、約30年の間に登場した最強マシンはいったい何なのか…!? 数回にわけてTOP31を発表していきます。今回はその中から7位と6位を発表! 要チェック!!


■7位■サンダーV(メーシー・4号機)

パチスロのゲーム性を深めた1台!

「3連絵柄」「リールフラッシュ」「レバーON時の予告音」現在のパチスロなら当たり前の要素を作り出したのが本機。2532通りのリーチ目を搭載し、技術介入要素もあり、上級者が喰える台といわれるとともに、そのゲーム性やボーナス確率から初心者でも楽しめる至高の一台。

■6位■バジリスク~甲賀忍法帖~絆(エレコ・5号機)

完成度の高さが人気の秘密

今もなお多くのホールにて看板機種として設置されている(2019年現在)現行機屈指の人気機種。高設定の安定感・出玉スピードなどゲーム性もさることながら、バジリスクというコンテンツ自体の人気も相まって打ったことがない人はいないほどの位置まで上り詰めた。


今回はここまで!次回更新(12月3日予定)ではいよいよTOP5! 第5位を発表!! お楽しみに!!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー