【PLAYBACKスロマガ@2004】第5回 スロミー賞

4.5号機が主流の時代! ゲーム性よりも演出の革新が進んだ1年を制したのは現在も人気を誇るあのキャラクター!!

おなじみ3部門では初代「吉宗」がその強さを発揮!

「サウンド」「告知」の2冠となったのが大都技研から誕生した初代「吉宗」! ボーナスストック+大量出玉なゲーム性はもちろん、液晶に搭載されたシャッター演出や連チャン確定時のド派手な告知と、様々な要素が人気の決め手となりました。「デザイン」部門ではその「吉宗」をおさえてネットの「スーパーブラックジャックS777」が1位に! 主人公・リオの人気はグッズまで波及するほど圧巻でした。

当然の結果!? 「吉宗」が2位に大差をつけて大賞に!!

部門賞でもその強さを見せつけた「吉宗」が見事この年の大賞を獲得。2位以下との差を見れば、その人気は一目でわかるレベル! 全体的には前年に比べ一撃必殺のゲーム性というよりは常に期待できる多彩な演出を評価された機種が数多くランクインしているように見えます。またページ内にあるように、この年は同一機種を別パネルで出すという流れが増えた年でもありました!

新台導入カレンダー