ヒットしたシリーズ機は数知れず! 押しも押されぬ人気メーカーに!!【PLAYBACK/メーカー史 平和・オリンピア編⑥】

※当該記事は2015年発売の「パチスロ攻略マガジン」誌上の特別企画再掲載記事のため、記事の内容等が当時のものとなっております。ご了承ください。


「萌え」スロも高い支持! 各ジャンルでその開発力を発揮!

パチスロ攻略マガジン 2015年12月号掲載記事

5号連続の特別企画としてお届けしている当企画。その第3弾となる今回は、平和・オリンピアグループの足跡を振り返っていこう。

パチンコメーカーとしてスタートした平和と、パチスロメーカーとしてスタートしたオリンピア。両社がもともと別のメーカーであったという事実は、ご存知の方も多いハズ。おそらく古参プレイヤーの方ほど、平和と言えばまずパチンコをイメージするのではないだろうか。

では、この両メーカーがどういった経緯でタッグを組み、現在に至ったのか。過去の名機を紹介しながら、その変遷を紐解いていこう。

今回で平和・オリンピア編は最終回! ラストも人気シリーズを紹介!!


人気シリーズを多数持つヒットメーカーへと躍進!

萌えスロに対する評価も高い!

このように5号機だけを振り返ってみても、平和・オリンピアは、これまでに多数の人気シリーズを生み出して来たのがわかる。ここに掲載しきれなかったものには、キャッツ・アイシリーズやゴルゴ13シリーズなど、みなさんお馴染みのものばかり。ここまで人気シリーズが多いのは、各時代に登場したマシンの完成度が高く、続編が望まれた証と言っていいだろう。

そして近年では、いわゆる萌えス口にも力を入れ、戦国乙女シリーズや麻雀物語シリーズが立て続けにヒット。「萌え」に対する評価が非常にシビアなコアプレイヤーからも支持されるほど、その人気は揺るぎないものとなっている。

果たして今後はどんなマシンが登場するのか。平和・オリンピアならではの、パチからスロへの移植、ス口からパチへの移植といった、コラボ作品にも期待したいところだ!

4号機にもあった麻雀物語が萌えスロの要素をふんだんに取り込んで復活。麻雀物語3は押し順によるペナルティのない新基準機としても話題になった。

様々な面で5号機時代を牽引

5号機の盛り上がりに貢献した高純増AT機、その第一弾が「ねぇ~ねぇ~島娘」。そもそも、5号機でのAT自体オリンピアが初でした(ゴルゴ13 ザ・プロフェッショナル)。さらに、今では普通になったリプレイ時のコイン受け付け(キャッツ・アイ~コレクション奪還作戦で搭載)や、小役の先読み(麻雀物語3)など、「こんなこと出来るんだ!」と未だに驚かされます!

※当該記事は2015年発売の「パチスロ攻略マガジン」誌上の特別企画再掲載記事のため、記事の内容等が当時のものとなっております。ご了承ください。


今回はここまで! 次回(7月7日更新予定)はあのメーカーの歴史を探ります! お楽しみに!!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー