舞台は閉店間際のホール! ギリギリで大当りを引いた鳥が勝利の驚愕バトル!!【PLAYBACK/チキンレース①】

「りんか隊鳥」を巡る鳥たちのアツい(!?)バトルが勃発! 敗者には過酷すぎる罰ゲームも!!

パチンコ攻略マガジン 2019年10.12号掲載記事

2019年秋にパチンコ攻略マガジンにて実施されたおバカ実戦企画がこの「ピヨピヨチキンレース」だ。

「りんか隊長」ならぬ「りんか隊鳥」を巡り、5匹のチキンが閉店間際のホールでガチ実戦! 閉店ギリギリに大当りを勝ち取る勇敢な鳥ははたして誰なのか!? さらにチキン認定された敗者にはかなり過酷な罰ゲームも!!

その第1回となる今回は山ちゃんボンバーが実戦へ! 実力通りの結果を残せるのか…乞うご期待!! 


優秀な子孫を残すために…!

むかしむかしあるところに「りんか隊鳥」という、それはそれは美しい♀鳥がいました。その美しさ故に、飛ぶ鳥を落とす勢いで鳥界のトップに君臨した隊鳥は、最も優秀な♂鳥と優秀な子孫を残すべく、鳥を競わせるのであった…。

りんか「そんなわけでチキンレース開催するから頑張ってね」
チキショウ「ああ、隊鳥。その冷たい感じがまたイイ…」
山ちゃん「その美しい翼でひっぱたいて欲しい…」
亜城木「そんなことされたら、勃つ鳥跡を濁すぅ~」
ドテチン「シソン、ノコス」
パンダ「え、なんかの宗教? こんな野蛮鳥どもに隊鳥は渡せない…(俺が食べちゃう!)」
りんか「あ、言い忘れてたけど巣(編集部)に臭い卵あったからチキン野郎は食べてね。巣も片付くし一石二鳥やな!」

呪いの連鎖突入毎に最大約100個増!!

【マシンチョイスの理由!】

速くて多い本気機種!

連チャンし過ぎずに短時間で大当りをトリ切る事が本企画のレバー…いや、肝。となると一番適しているのが本機だ。一時間あれば余裕で一万発出るし、継続し過ぎる心配もあまりない。何より効果抜群の止め打ちも出来るので、鬼に金棒、鳥に乾燥コーンである。唯一の不安要素は、書き出しの小ボケが他の誰かと被らないかって事だな。

設定2以上濃厚台を発見!

このオファーを頂いた時点で機種はリングだと決めていた。…あ、違うか。「21時から沢山出す♂鶏の事が好きだ」と、あの♀鶏が言った時点で、だ。クソ、設定を守る為に無駄な字数を使わされたわ。

で、初当りが欲しいので、回転率よりも設定を重視して台を探す。大変だったよ、三歩歩いたら目的を忘れちゃうんだから。順番に履歴を見るも、突き抜けた台はない。が、通りがかった台の大当り終了画面に「末吉」が出たのを目撃した。

即ヤメしたので21時まで待って、いざ実戦! 開始早々に肝心の初当りを引く。そして時短5回転を祈ろうとした瞬間に「ドシーン!」と落ちる呪いの手。まさかの残りヘソ保留での大当りだ。つまり初当り確率での当選な訳。ラッシュに入り、時間を気にする必要もなく無難に良い9連チャンして終了する。あれ? 何の為に打ってたんだっけ?

今回はここまで! 次回更新(10月22日予定)では2人目ならぬ2羽目としてロギーこと亜城木仁が登場! 無謀なチョイスで実戦に挑む!?


実戦機種の詳細情報はこちらから!!

ライター紹介

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー