新春過酷企画はついに2日目に突入! ここからの大逆転なるのか…!?【PLAYBACK/ニューイヤー1人2400駅伝③】

1日目ハイペースだった亜城木が2日目余裕の実戦も…!?

パチンコ攻略マガジン 2020年2.9号掲載記事

2020年、2400発搭載機がまだホールで活躍していた年。その新春にパチマガから選ばれし、2人の男が一撃を求めホールを駆け抜けた―。

そんな過酷な耐久実戦、それこそがこの「ニューイヤー1人2400駅伝」だ。このハードな企画を今回はWEB上で完全再現。それぞれの実戦模様をじっくりとお伝えしていくぞ。

第3回となる今回は2日目となり復路に突入した、亜城木(ロギ―)の実戦をお届け! 前回、超ハイペースで2400発を稼いだ勢いそのままに駆け抜けていけるのか…要注目だ!


【2400駅伝 復路】亜城木仁 編

【戦略】復路は全力で走り切りますよ!

復路はすべて319タイプでいく予定。圧倒的なヒキでドテさんを完膚なきまでに叩く。閉店近くまで粘って完全勝利だ!

復路でもペースは落ちない!!

往路のドテさんが予想通りのポンコツっぷりだったので、復路も3機種くらいクリアすればまず間違いなく勝てるだろう。ドテさんが奇跡のヒキを発揮したとしても、せいぜい4機種がいいところだしね。もうほぼ勝ちが確定しているわけだから、ここは圧倒的な強さを見せつけて勝ちたい。

ということで復路ではミドルスペックオンリーで実戦しようと思う。私が魅せる男だということを皆さんにもお見せしよう。そして惚れてくれ。付き合ってくれ。

4区目に選んだのは慶次漆黒。これはサポ中の大当りがすべて2400発という、この企画にはうってつけの機種だ。早く当てたいと思っていたら、あっさりクリア。しかも次の確変できちんと転落を引いた。神がかり的にツイている。

次は大好きな戦国乙女5で勝負。まぁこれもあっさりクリアとなるだろう。しかし、この5区目に最大の難関が待っているとは…。

まさかの大失速!? 最後はバテバテ!

5台目、つまり5区は箱根駅伝で言うところの山登り。一番過酷とされている区である。まさかこのパチンコ駅伝でもこの5区に魔物が住んでいるとは…。

戦国乙女5はST突入で電サポ200回。ST非突入でも100回。そして電サポ中の大当りの70%が2400発なので、初当りさえ引いてしまえばなんとかなると思っていたが甘かった。

初当りを引いても引いても、STに突入せず、時短でも引き戻せない。どうしても乙女を諦めきれない私は、粘ってなんとかクリアしたが、かなり時間を取られた。

次は北斗7を打ったわけだが、私のヒキもスタミナ切れしたのかなかなかクリアできず。クリアした頃には時間もなく、最後に一縷の望みをかけて真・北斗無双を打つも、ヒキは残っていなかった…。

7区目で力尽きる!

319タイプだけで4種類いけたらカッコ良かったのに。戦国乙女に時間を取られ過ぎた!


今回はここまで! 次回(12月27日更新予定)は「2400駅伝・復路」のドテチン編をお届け! お楽しみに!!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー