5スロを体感した2人が、真剣に5スロについて考えてトークする!! 5スロの未来とは!?【PLAYBACK/5スロダカラ⑤】

2017年のときに感じた5スロとは!? 今だからこそ当時の思いを誌面から振り返る!!

パチスロ攻略マガジン 2017年9月号掲載記事

規則改正問題でパチスロ界がドタバタしていた2017年、夏。

出玉規制よりも貸玉上限を規制すべきという声も上がっていた―そこに注目して特集したのがこの企画「5スロダカラ」。2人の実戦者が5スロについて改めて考えたうえで、5スロを実戦! それぞれのスタンスで実戦を行うことで、新たな面白さを低貸に求める。

当時と今の状況を考えならが読むことで、さらに面白さアップ! そんな気になる記事をPLAY BACK!!

第1回の記事はこちら!!
第2回の記事はこちら!!
第3回の記事はこちら!!
第4回の記事はこちら!!


5スロを考えることは未来のパチスロに繋がる

早乙女「5スロで5000枚、おめでとうございます!」
ナビ「あと2・3機種は打ち散らかすつもりだったのに…」
早乙女「いいじゃないですか、ぱちスロ水戸黄門のスゴさを体感できたんですから」
ナビ「里見浩太朗の歌を向こう三年分は聞いたっての」
早乙女「僕、5スロは出したら損に感じて負けると得した気分になる説を提唱しているんですけど、どうですか?」
ナビ「いやそれが、2000枚くらいまでは20スロと変わらないくらい楽しんでる自分がいたよ」
早乙女「説立証ならずでしたか」
ナビ「ただ、それ以降は早く終わってくれと願いながら打ってた」
早乙女「なんてもったいない(笑)」
ナビ「それでいて、終盤に強めの演出でガセるとイラっとして、自分の欲深さを再認識したねぇ」
早乙女「僕は打ちながら20スロの感覚抜けんなぁ、と思っていましたね。5スロで打ち方を探るだけなのに、ついついREG回数付いているジャグラーに座ってしまったり」
ナビ「人間、欲深いねえ。で、5スロジャグラーはどうだった?」
早乙女「それがですね、僕、意外とイケたんです」
ナビ「マジか!」
早乙女「普段は最低でもチェリー狙いで打ってるんですが、チェリーを完全に捨てる勇気、それによって拝めるオヤジ打ちリーチ目の感動、これは断捨離の世界ですよ!」
ナビ「どんな世界だよ」

早乙女「あと気づいたことがあるんですが、空気感違いません?」
ナビ「空気…!? あっ、最近ホールでよく見かけるIQOS(加熱式タバコ)の人が全然いなかった!」
早乙女「そうそう、エコーやわかばを吸ってる人が多くて…ってちゃいますよ(笑)。なんか緩いというかテキトーというか」
ナビ「ああ、ガツガツしてないってことね」
早乙女「どうしても普段の癖が抜けない自分としては、データカウンタを見ないで座るような人が気になっちゃって」
ナビ「5スロのヌシだ! サンダル、短パン、タンクトップという三種の神器を身に着けた!」
早乙女「そんな三種の神器は知らないですけど、ヌシっぽい人はいますねぇ(笑)」
ナビ「あれこそが真のフリーダムな立ち回りだよ。やっぱり20スロより楽しみ方の自由度が高いよね」
早乙女「勝ち負けを楽しむパチスロが染み付いてる身としては、ヌシヘの道は遠いです」ナビ「お客さんの年齢層や楽しみ方の幅広さでいえば、20スロのシマより「大衆娯楽」っぽく感じたなぁ」
早乙女「そうですね。連れ打ち風な人も多いように見えましたし」
ナビ「でも、20スロより少ない金額で打てるけど、ダラダラ長時間打てちゃうって面では、今のご時世、依存症だって叫ばれちゃいそうな気もするのが難しいんだよなぁ」
早乙女「問題点でいえば、ホール目線もありますよ。1スロ2スロは電気代とかのランニングコストで一杯一杯って聞きますし」
ナビ「旧基準機多めなホールも多いから、6号機時代が来るとどうなるのか問題もあるかぁ」
早乙女「軽い気持ちで5スロ打とう、みたいな企画じゃなくなりましたよ、どうするんですか(笑)」
ナビ「5スロの世界をわかろうとしたら、より一層わかんなくなっちゃたよ」
早乙女「これは調査を続行するしかないですよ! 5スロの地域差とかも面白そうですし」
ナビ「うん。心のどこかで5スロだから、と舐めてた自分がいたのかもしれない、反省してます」
早乙女「じゃあ、手始めに5スロジャグラーから始めましょう(笑)」
ナビ「いや、それは勘弁して!」

今回で「5スロダカラ」は終了! 次回更新(11月27日予定)のPLAY BACKをお楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー