5号機の歴史は今回から2007年に突入! まずは前半84機種を振り返り!!【PLAYBACK/5号機ヒストリア2007年前編⑨】

4号機すべてが撤去された波乱の2007年。その年に登場した5号機とは!?

6号機が登場しようとしていた2017年年末。5号機が幕を閉じるこの時にパチスロ攻略マガジン&パチスロ攻略マガジンドラゴン誌上にて、大々的に始まったのがこの「5号機ヒストリア」だ。

すべての5号機を網羅していくこの企画。今回はその第2弾に突入。「パチスロ攻略マガジン」2017年10月号に掲載された記事から2007年前半に登場した5号機全84機種を紹介。

超人気マシンからマニアック機種まで、そのすべてをここでチェック!!

2005~2006年①  ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ 


4号機完全撤去の大きな転換期

2007年はパチスロ界にとって特に重要な1年となった。

最大の理由は、2007年6月末で4号機を全て撤去しなければならないため。そんな「パチスロ2007年問題」の影響は非常に大きく、みなし機に支えられていた小さなホールがいくつも廃業するなど、歴史の転換期ともいえる1年だったのだ。

今回は、そんな2007年の1月から6月末までの全84機種を一挙紹介していく。約10年経過した今なお現役で稼働しているような(2017年現在)名機から、全国で数店舗しか導入されなかったような珍台まで、6月末に控えた4号機全撤去に備え、過去類を見ないような大量の新台が発表されていた。玉石混合ともいえる状況の中、5号機時代の未来を明るく照らすような機種もいくつか登場した年でもあった。

代表作ともいえる機種はカコミでも紹介している『アイムジャグラーEX』。老若男女に愛されるシンプルなゲーム性と瞬発力にて、長きに渡って多くの支持を得たのだった。2007年1月のデビューから増台を重ね、総導入台数は5号機史上ダントツ1位の約20万台と、歴史的大ヒット機種に登り詰めた。また、他メーカーから多くのインスパイア系完全告知機が登場したのも、本機種の偉大さを語る上で欠かせないエピソードだといえるだろう。

さらには、山佐や大都技研など、4号機時代にヒット機種を連発した老舗メーカーが、初となる5号機を発表したのもこの年。本当の意味で5号機時代が始まったのだった。

2017年現在、10年経った今なお現役

【アイムジャグラーEX】

GOGO!ランプが光ればボーナス確定、という4号機ジャグラーからのゲーム性は普遍で、5号機仕様のスペックにて登場した完全告知機。チェリーとの同時成立など5号機らしい要素も生まれた。

【スカイラブ】RT&CZループの王道を飛ぶ

高い完成度で幅広い支持

SNKのお家芸といえるRT&CZループタイプのひとつの到達点。99G周期のCZや軽めのボーナスというスペック、王道ともいえるわかりやすいリーチ目、さらにはマニアックな変則打ちなどが、ハイレベルで融合。また、引き込まれる世界観や耳に残る楽曲も人気を博した。

【嗚呼!我ら日本松柔道部】【ジャンジャン年中猛特訓】【アドリブ王子】

【新日本プロレスまでもがパチスロ機】【南国美人ー25/30】【プレイボーイー25/30】

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー