確率上限が1/320に規制―最後の1/400が導入ラッシュ!!【PLAY BACK/平成名機年鑑⑳】

脱等価の流れが都内へ波及! メーカーの倒産も相次ぐ…

時代が令和に変わろうとしていた2019年。パチンコ攻略マガジン誌上で2号にわたり特集された企画がこの「ぱちんこ平成名機年鑑」だ。

平成元年から平成30年まで、それぞれの年の代表的&人気マシンを多数紹介! その年の出来事と合わせ、懐かしのパチンコ台を振り返っていく企画となっている。

この30年の間にパチンコはどのような変遷をたどってきたのか、そして間もなく撤去されてしまうCR機はどのように進化を遂げてきたのか、この企画を見れば一目でわかるはず!

思い出のパチンコ30年を、今あらためて…PLAY BACK!!

【ぱちんこ平成名機年鑑】 平成元年 平成2~3年 平成4年 平成5年 平成6年 平成7年 平成8~9年 平成10~11年 平成12~13年 平成14~15年 平成16年 平成17年 平成18~19年 平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25~26年


「釘問題」→MAX規制・上限1/320に!

【平成27年(2015年)】に登場したぱちんこ名機たち

「遊技くぎ問題」による遊技機性能調査が行われ、「射幸性の抑制」による規制で確率上限1/320かつ併せて期待獲得出玉もスペック毎に規定されたこの年、最後の1/400タイプが各メーカーから発売。高射幸性遊技機の段階的撤去も決定。

この年都内においても交換個数下限がパチンコ28玉・パチスロ5.6枚になる等、脱等価の流れが全国に波及。また、メーカーの倒産などもあり、なにかと暗い話題が多い年だった。

▶平成27年のホール状況

この年の新台は、「牙狼魔戒ノ花」「ルパン三世~I'm a super hero~」「真・花の慶次」が10万超、そして「大海3」シリーズが合わせて10万超導入された。メーカー別ではSanseiR&Dが初の1位に。


▶▶▶パチスロの5号機の歴史はここでチェック!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー