打ち込んでこそ台の真価が見えてくる! 5機種を実戦からガチ再評価!!【PLAY BACK/ク●台なんて言わせない!①】

人気機種…とはいえなくても、それが正当な評価とは限らない! 実戦から不遇台にスポットを当てる!!

パチスロ攻略マガジン 2018年1月号掲載記事

2017年、夏。5.5号機の駆け込み需要で数多の機種が登場!! しかしその混乱の中、すべての台が正当に評価されないままとなってしまっていた。

はたして多くのユーザーの人気が高い台だけが真の「優秀台」なのか!? 実は知識の欠如や実戦不足なだけで、真に面白い台はまだまだ存在するのではないか!?

そんな疑問を解消すべく5名のライターが編集部のピックアップした5機種を実戦! その中から各機種の実力を再評価していく!!

その第1回目の機種は「セイクリッドセブン」。その実力のほどはいかに!?


人気機種だけがパチスロじゃない!

毎月ホールに登場する多くの機種。それらの中でユーザーから「良台」「優秀台」と呼ばれる機種は決して多くない。ではそれら以外の台は、いわゆる「ク●台」なのか。…否。決してそんなことはない。

演出の意図が不明瞭・システムがわかりづらい…など、好みが分かれる理由はさまざまだが、それらの理由の根底にあるのは、打ち込み不足と考えられる。

君たちは本当にその機種のことを知っているのか? 雑誌の小難しい解説を眺めて、理解することを放棄していないか? その機種の面白い部分を知らないまま、いつかは撤去されていくであろう金の卵を見送っているだけではないか?

タイラ「説明長くない? あと暑苦しいよね?」
ボンバー「えーと、つまりどういうことですかね?」
早乙女「そういう台を打っていい所を見つけて来いってこと…でええんですか?」
その通り。
三宅「まあ、普段通りかな」
菊丸「君はそうだろうねぇ」

というわけで、今回のプレゼンターはこの5人。さあ、君たちの手で、不当な評価を受けている台に光を当てるのだ!!

 

このイケイケ感、打てば都です

横文字多し、よう分からんメーターも多し、おまけに原作も知らない。しかしそんな俺でも知っている、めっちゃ戦闘力の高いART! 今日はそいつを体感してきます。

コアなファンは皆口を揃えて言う…本機にはとんでもない魅力があるのだと! それがこのARTシステム。最高値まで持っていければ驚愕の「89%継続」という大盤振る舞い、半端じゃないイケイケ感を味わうことができるようだ。なるほど…これは確かに凄そうや。この戦闘力の高さを味わえば、本機はより輝いて見えるんやろね。じゃあ見せてくれよ、その89%ってやつを!

そんな意気込みを掲げて挑むも1発目のARTは風の如く颯爽と駆け抜けていった。…キツイわ。おまけによく知らない原作世界観、よく分からないワードが飛び交っている。この感じで終日やられたら、精神が持たへんぞ!

が、事態は急展開を迎える。本日2発目のART、これがなんと開始時から最高継続確定の状態。じわじわと上げるわけでもなく、あっさりと目標達成! 開始時の「レディー…」という掛け声が気持ちいい! 続く続く、俺は無敵だぞと訴えかけてくるような虹色のステージを縦横無尽駆け巡る。

なるほど、これはたまらんわ(笑)。百聞は一見に如かず、噂のイケイケ感はたしかに本物だった!

今回はここまで! 次回更新(10月28日予定)では「回胴性ミリオンアーサー」を実戦! はたしてこの機種の実力は再評価されるのか!? お楽しみに!!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー