ガチプロライター4人がもっとも勝てた5号機とは!? インタビューは後編へ!!【PLAY BACK/5号機ランキング 特別編・後編】

インタビューは後編へ! しのけん、ヘミニク、銀太郎、角屋角成、それぞれのナンバーワン5号機とは!!

【パチスロ攻略マガジンドラゴン 2019年5月号掲載記事】

「スロマガドラゴン2019年5月号」の巻頭に掲載された「5号機喰えた機種ランキング」を振り返った後は、しのけん、ヘミニク、銀太郎、角屋角成の4人による座談会の模様をお届け。今回はその後編となる。

彼らは5号機時代、一体どのように勝ってきたのか? そして5号機の中でも特に喰った&勝った機種は何なのか!? 気になるその答えがここに!!


5号機喰えた機種ガチプロ座談会、敢行!!
ガチプロ4名へのインタビュー前編はこちら!!

読者アンケートによる「5号機喰えた機種ランキング」結果
5号機ランキング「高設定まるわかり」部門はこちら!!
5号機ランキング「ハイエナ」部門はこちら!!
5号機ランキング「技術介入」部門はこちら!!
5号機ランキング「知識・小技」部門はこちら!!


5号機時代に勝つための手段も大きく変化!!

―では、続いて知識・小技についてお願いします。
銀太郎「ウルトラマンウォーズです。レインボー台もそうですけど、怪獣狙いで喰えました。今までゲーム数狙いだったけど、モードを見て打ってました!」
角屋「自分はアイムジャグラーですかね。昔はガックンチェックを誰もしてなかったし、ブドウ抜きもしてなかったし、先ペカでチェリーを取る人もいなかったんで。しのけんさんはどうですか?」
しのけん「サラ金のリセットだね。これは解析が出る前に気づいたんだよ、初当りが異常に早いなーって。さらに、ガックンが丸わかりの機種だから全リセしている店で漁ってた」
銀太郎「このことをしのけんさんから聞いたときには、もう遅かった思い出が…」
しのけん「そういうのって最初は偏りだと思うじゃないですか。でも、その次元じゃない初当りだったんですよ。だから、気になってデータも自分で取って、サンプルを集めてたなー」
ヘミニク「僕はエウレカ初代のRT中に高確を延命させるやり方ですね。これ得してるのかな~って気になりながら打っていました。ただ、頻度で言うなら、やっぱりジャグラーのブドウ抜きなんですよ。得したコインを数えたら相当な枚数になっているはずです」
角屋「塵積的なね!」
ヘミニク「5・5号機だと朝イチに逆押しすれば設定変更を見抜けるとかまど2やバジⅢとか」
角屋「知識・小技で喰えたっていったら変ですけど…さっきヘミさんが言ってたブドウ抜きもそうですけど、5号機初期のボーナス優先制御での小役抜きっていうのは、ものすごい金額になっていると思います。…で、まさにそれが小技かなと!」
銀太郎「相当な枚数になりますよね。数えてませんけど…」
しのけん「ボーナス優先制御のある機種はすべて当てはまるね」

―では、最後にそれぞれ5号機で勝った機種&喰えた機種を教えてください。
銀太郎「勝った機種は絆か凱旋ですかね。絆は導入からずっと4スルー以上を打ってましたから。もうかなりの台数を打ちました」
角屋「喰えた機種は?」
銀太郎「…全部喰えましたね(笑)。角屋さんは?」
角屋「僕はダンスマンかな。喰えたっていうよりラクして勝てる。これがこの生活をするうえで一番のご褒美だと思うんで! ダンスマンっていうのがすごくちょうど良くて、よく分からない機種だったから競争率がかなり低くて、高設定もあったから朝並ばずに行くみたいな。簡単にツモれたっていう部分でダンスマンですね!」
銀太郎「角屋さんらしい(笑)」

―ヘミニクさんは?
ヘミニク「一番勝ったのは初代まどマギですよ。でも、結局その理由が設置年数が長いのと、人気があって高設定が入りやすかったから。それ以外だと、エヴァ約束です。高設定ってこんな感じなんだって体感できた機種なんですよ。まぁ、エヴァって1年くらいで新しいのに変わっちゃうから…トータル、エヴァシリーズです!」

―それでは、最後にしのけんさんお願いします。
しのけん「自分もエヴァシリーズにはお世話になったんですけど。他で言えば、リングにかけろ1。結局、細かい技術介入やらハイエナしやすいとかいろいろあるけど、自分らみたいな高設定狙いで勝ててた人って店に依存してて…。長く設置されてたし、人気もあったし、高設定のペイアウトも高い…という部分で店の主戦機種として扱われていた。そして、稼働も良かったから高設定がよく使われていたんだと思います。トータルスペックとしてすごく良かったから、長く打てて結果も残せた機種かな。あと面白かったし」
角屋「面白かったですよね!」
しのけん「女の子のランプが高速でパッ、パッ、パッって」
角屋「めっちゃ懐かしい…」
しのけん「5号機に関しては、ホール状況とかネットの情報で立ち回る人が増えたり、勝つためのパチスロとの接し方やホールとの接し方がすごい変わって、ちょうどイベント自粛とかもあって…。だから、5号機の印象としては、自分は機種での思い出より、勝つためにこだわるモノの捉え方。SNSを活用するとか、そういうのが大きく変わった時代なのかな…って思います」
角屋「プロの存在も大きく変わりましたもんね」
しのけん「そういう意味で印象に残っているんですよ。機種依存だけじゃなくて」

―機種だけでなく、取り巻く環境を含めて大きく変わった時代だったということですね。それでは、これにて座談会を終わりたいと思います。今日はありがとうございました!

全員「ありがとうございました!」

「5号機喰えた機種ランキング」はこれにて終了! 次回以降の誌面PLAY BACKもお楽しみに!!

ライター紹介

  • しのけん
    パチマガスロマガ専属ライター
    しのけん

    高校卒業と同時にスロプロの道へ。1995年にパチスロ攻略マガジンの誌上プロとして、日々の立ち回りを綴った「喰うならやらねば!」の連載を開始。 現在はパチマガスロマガ他、多数のメディアで活躍しつつも、現場至上主義を貫く生粋のプロとして多くのスロッターから絶大な支持を得ている。パチマガスロマガにおけるレジェンド的存在。

    しのけん関連記事はこちら!

  • ヘミニク
    パチマガスロマガ専属ライター
    ヘミニク
    パチスロに対する豊富な知識量を誇り、高設定を狙って良し、ハイエナして良しの高いパチスロ力と高い文章力を兼ね備えるガチプロライター。先輩はもちろん、後輩からもイジられるキャラは愛されている証…? 後輩の面倒見もよく、企画「スロマガアベンジャーズ」では皆をまとめ、勝利へ導くキャプテンとして頼りにされている。
  • 銀太郎
    パチマガスロマガ専属ライター
    銀太郎
    常に期待値を追い求め、勝ちに徹するその姿は業界でもトップクラス。Twitterで稼働結果と収支を毎日公開する超ガチ系個人企画を行い、話題になったことも。現在はパチスロ以外にポーカーにも傾倒中!
  • 角屋角成
    パチマガスロマガ専属ライター
    角屋角成
    かつてスロマガの看板旅打ち企画「決死のパチスロサバイバル6」を制覇してライターデビュー。現在は実戦企画や機種ページ制作を中心にライター活動を行っている。プライベートではジグマの立ち回りでパチスロメインで稼働。データを集めて狙い台を絞る能力に定評がある。無類の酒好きでビールが大好物。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー