プロの思考・戦術を復刻掲載!【第18回・パチスロ バーストエンジェル編】

設定示唆演出は要チェック!

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2014年4月号より順次転載

最近のAT・ART機は設定推測難易度が高く荒い機種が多いので、朝イチから設定6をガツガツ狙う事が減りつつあります。

もちろん狙えるときには狙うけれど、設定推測の難しい機種を朝から打つためには、設定6が入る根拠や狙い台の精度など、しっかり条件を整えてやらないとなかなか難しいですよね。

ということで今回向かった店も、特定日には高設定は使っている雰囲気はあるけれど、それが設定6かどうかは分からないといった感じの店。

根拠が薄い状態で攻めてもちょっと挙動が悪かったらヘタレてヤメてしまいそうなので、朝は設定狙いをせずにとりあえず天井狙いからのスタート。

基本据え置きの店ですが、今日はサラ番やビンゴネオにリセットらしき台があり、設定の打ち変えはしている模様。

ほどなくして天井狙いで着席したのは、爆裂荒波機のバーストエンジェル。

設定狙いではあまり座る事が無い機種ですね。

打ち始めると投資7000円で1/8192のフリーズを引くという強運をまず発揮。

この時点でもうやってやった感MAXですが、AT終了後の高確移行を加味して少し打ってみたらば、スイカしか引いていないのにAT直当たり。

スイカからのAT直当たりは設定1と6で10倍の差があるところ。

しかし、この段階ではまだ「あ、薄いとこ引いちゃったな」って思う程度。

もしもこのATがサクッと終わっていたら、即ヤメしていたでしょう。

しかし、このATが思いのほかロング継続。

高ループの裏ストックに当選したのかな?

なんて思っていたらば、AT継続時の画面が水着背景青に!

あれ? 確かこれ、設定差がめちゃデカかったハズ!

すぐさまスロマガサイトで調べてみたらば、設定6が3.13%、それ以外は0.1~0.2%!

この設定差、スイカからのヒット、そして特定日という事を加味して見えてくる答えは…。

これは設定1で薄いとこ引いちゃったというよりも、たまたま設定6に座っちゃった可能性の方が高いハズ!

てことでこれを契機に天井狙いから設定狙いへとシフト。

そのままこの台を打ち切った結果、6000枚超のコインを獲得出来ました!

スロマガが発売されたらとりあえず各ページをざっと見るんですが、そのときたまたま目に入ったバーストエンジェルの設定推測要素に今回は助けられましたね。

あれを見てなかったら、水着画面が出ても反応出来なかったと思います。

まあ、丁度このページの隣だったから印象に残ってたってのもありますけども(笑)。

今回はかなりのラッキー&レアケースでしたが、高設定示唆系の演出はハイエナ中であっても必ず見逃さないようにしたいです。

願わくば、このページを見てマイナー機の確定演出に反応出来る打ち手が一人でも増えますように…!

現在のヘミニクから一言!

何回か前に 「ハイエナで打ってみたら良い挙動したからこのまま打っちゃお! 」はやらない方がいいと言ったけれど、今回のパターンは例外。

理由はちゃんと設定6を使うホールをチョイス出来ているから。

それさえ出来ていれば、立ち回りが多少ガバっても何とかなる。

今だったら普通に朝から攻めろよって思うけれど、この頃は荒いスペックの機種が多くて攻め難かったんでしょーね。

手堅く立ち回りつつも押すところは押せているので今回はヨシ!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー