日本で約24年振りとなるスーパームーンで皆既月食!【CR満月の夜に昇天したい】

そもそも「スーパームーンってなんだよ? 強いのか?」って思う人も居るかもしれないのでご説明を!

スーパームーンとは、月が地球に最も近づいて大きく見える現象で、いつもの満月に比べて大きさは約14%増・明るさは約30%増にもなるそうです。
 
そんな月が地球の影にすっぽり入り込む皆既月食は、本日20時9分ごろ~20時28分ごろまでの約19分間の間に南東の方角で見らるとのこと。
 
そんなこんなで編集部が思いついたのが「CR満月の夜に昇天したい」でした。うん、パチンコ脳ですね!
 
今回は本機について見てみましょう!
 
CR満月の夜に昇天したい 筐体
2006年06月導入 銀座

15年前の機種。さすがにシンプルな作りですね!

スペックは3種類あり、甘デジのST機とちょっと軽めのミドル(1/278.9)、ちょっと重めのミドル(1/368.2)がありました。

特にスペック面で特出したことはなかったですが、安定する台だったような。特に筆者は甘デジを好んで打っていました。

当時はキレイなCGの女の子が登場する台は珍しく、記憶に残っているものでは花満開の「ほのか」ぐらい。それに続いたのが本機に登場した「フェイフェイ」だったと思います。

フェイフェイ
しゅ、しゅき(*´ω`)

こんなカワイイ娘が登場すれば打ってしまいますよね! パチマガでもちゃんと記事が……少しですがありました!

CR満月の夜に昇天したい パチマガ

……なんかあれですね。フェイフェイを同じページに2回使っちゃうところにダサさを感じますね!

ちなみに本機はなんとなくわかると思いますが、和風系なパチンコです。今ほどストーリーリーチなどが無く、ロングリーチ的なものが主流の台でした。今の台でわかりやすく言えば「花月」と似たような感じです。

記事1 記事2

こんなシンプルな作りでも面白かったんですよ! 

そして実戦した記事もありました。

実戦
実戦記事2
これがドテチンの昇天顔です

まともなことを書いているのに……編集部に遊ばれてますね!

そんな「満月の夜に昇天したい」ですが、後継機的なものありました。

歌って踊れる娘たち

それがこちらの「CRクラブムーン」です。

CRクラブムーン

キャラよりライターのコスプレを大きく扱う時代になっていました。

導入されたのは2010年5月。スペックはひとつのみで当選確率は1/156.04。1500個の出玉がループする時は快感でした。この当選確率で1500個の割合が高めの台なので、積める時は10箱とかイケましたよ!

楽曲も引き継がれていて最初に紹介した「満月の夜に昇天したい」を打ったことある人なら、懐かしさもあったのではないでしょうか。

進化したのはスペックだけではなく、画質も超パワーアップ。さらにカワイイ娘が3人がディスコみたいなステージで歌って踊ってました。これは世の男たちも昇天したに違いないですね!

いやー、書いてたら打ちたくなってきましたよ~。これはやはり「月」ということで「花月」を打ちに行きますか! 

きっとどこかに今日は花月を甘く扱っているホールもある……いや、絶対無いと思うけど打ちに行ってきま~す☆

あ、もうすぐスーパームーンが見れるから、それだけは見るようにしましょう! きっと月からフェイフェイが手を振ってくれていますよ!

新台導入カレンダー