プロの思考・戦術を復刻掲載!【第3回・アナザーゴッドハーデス編】

不調期は誰にでも訪れる

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2014年4月号より順次転載

パチスロを打つ際に避けては通れないのが「不調期」。

何をやっても勝てないという期間は、パチスロを打っていると必ず訪れます。

これは1週間で終わるのか、はたまた1ヶ月続くのか…それはもうパチスロの神のみぞ知るという感じですが、僕なりのこの期間の乗り切り方はただひとつ。

とにかくしっかり稼働をする事!

結局不調期というのも長いスパンで見た時のほんの一時に過ぎないので、ここでいかにモチベーションを落とさず稼働出来るかがトータルで勝てる秘訣なのだと思います。

そんな理由から、仕事が増えても稼働はあまり落としたくない2月末、向かうはバジリスク絆に6台中1~2台設定5以上が使われそうなS店。

なかなか好条件に見えますが、設定5が1台でも公約は達成。

これではよほど店の傾向をつかんでないと厳しいですが、今日はこれ以上の条件で打てる店は無し。

まずはここから挑戦ですよー!

1台確保しBCを4回当ててみるもAT当選はなく、ゲーム数は少ないですが弱チェリー出現率も設定1以下。

その間にATに2回当選した台が出てしまいヤメ。

これっぽっちで設定なんて分かりませんが、自分より良さげな台があると、他に強い根拠がないと追えないです…。

というわけで、続いては「全台設定4以上シマあり」的な煽りのある店へ。

…まあ、あれですよ。

実際はあっても半456くらいの店です。

それでも高設定がある事には変わりないので様子を見ていると、怪しいシマが浮上。

新装1週目のアナザーゴッドハーデスのひとシマです。

まだ解析が出てない機種ではあるものの、導入されてからこの1週間、アナゴのシマは万枚の嵐。

まあそれでも差枚は大して浮いてなかったりするのがアナゴマジックだったりするんですが、そんな光景を何度も見せつけられると気になってしまうのがスロッタ―の性。

打てるチャンスがあるのなら打ってみたいと思っていたんです。

台の挙動を探る意味でもアナゴにトライ!

0回転の台に座ると、35Gでプルートステージへ。

さらに43GでGGに当選し、ジャッジメントはいきなりハーデス!

設定変更後は高モード移行などの恩恵あり?

これは+200Gだったものの、その後も打ち続けると……ケルベロスで+290G!

ペルセポネで+250G!

ハーデス以外でも頑張れますね。

が、2000枚ほど出玉を獲得したところから急降下、あっという間にノマレ寸前。

シマの状況を見るとプラス域の台も大分減ってしまったので、ここでリタイア…。

結局トータル収支はー3500円とそれほどマイナスではないものの、勝負ラインは際どい1日でした。

不調期を乗り切るには稼働が大事と言いましたが、無理な実戦を繰り返しても収支は上がってきません。

稼働には「店の調査」も含まれているので、調子が悪い時こそまずは自分の足場を見直す事が重要になるのだと思います。

頑張らねば!

現在のヘミニクから一言!

不調期を乗り切るには稼働第一、これは今でもそう思っていますね。

スランプだと言って稼働しなくなるのが一番のスランプ。

銀太郎もそう言うハズ! 多分!

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー