これぞ人気の証明! 接戦を制しあの大ヒットシリーズが3度目の戴冠!!【PLAYBACK/キングオブパチンコ大賞2008】

人気機種が大豊作の年! 各部門ではアツい漢たちがランキングを分けあう形に!

※当該記事は2008年発売の「パチンコ攻略マガジン」誌上の特別企画再掲載記事のため、記事の内容等が当時のものとなっております。ご了承ください。


パチンコ攻略マガジン 2009年2.8号掲載記事

今回から始まるPLAYBACKはパチマガ・スロマガの年末恒例企画「キングオブパチンコ大賞」「スロミー賞」の復刻版!

その年のNO.1機種を読者投票により決定する人気企画を、当時の原稿をそのままに、WEB上で完全再現。ランキング機種はもちろん、原稿内容や液晶写真など、いたるところで当時の雰囲気を感じることができるPLAYBACK記事となっているぞ。

今回は2008年に行われた第14回「キングオブパチンコ大賞」をお届け! 前年は京楽マシンがエヴァの3連覇を止める結果となったが、この年はそのエヴァが大逆襲! 1年ぶりに大賞の座を取り戻すことに。さらに各部門ではエヴァと最後まで大接戦を繰り広げたあの人気マシンが大活躍! かなり面白いランキングとなっているぞ。


慶次との接戦を制し、「シトフタ」がシリーズ3度目の戴冠!!

■2008年キングオブパチンコ大賞

ハガキ投票では圧倒的人気に!

今回で14回目を迎えた、年始恒例の「キングオブパチンコ大賞」。

見事、キングの栄冠を勝ちとった機種は「CR新世紀エヴァンゲリオン~使徒、再び~」! インターネット、ハガキを通して高い支持を集め、大賞受賞となりました。シリーズ4作目となる本機は、液晶を喰らうような初号機役モノと、思わずまわりが振り向くほどの一発告知音がインパクト絶大! 演出レベルも前作を超える完成度で、この受賞は当然とも言えそうです。

今回で通算3度目の大賞受賞となる「エヴァ」シリーズ。今年はさらなる進化を遂げるのか!?

昨年6位から大躍進! MAX機ブームの火付け役!!

一昨年前の登場機種ながら安定した人気を集め、去年一気に大ブレイク! 飽きのこない演出と類いまれな爆発力が最大の見どころ!

完成度の高い演出と爆発力が話題に!

高レベルな演出と強烈な連チャン性能で堂々の3位! ケンシロウとラオウ、出玉性能の異なる2スペックの存在も魅力。

■「画面が印象に残った機種」部門

4位の「アバンギャルド」。アイドルと夢のデートを楽しめる確変中や、水着姿で迫ってくる「水着リーチ」に思わずニヤけてしまった人も多い!?

■「音が印象に残った機種」部門

8位の「ルパン三世」は、当時のムービーとともにおなじみのテーマ曲が流れる大当り中が震えるほどカッコイイと高評価。9位の「夏祭り」に収録された全4曲の楽曲はいずれも機種のイメージにピッタリ。思わず口ずさんだ人も少なくないはず。

■「役モノが印象に残った機種」部門

3位は「パトラッシュ2」。最近では数少ないドット演出機。巨大なパトライトが鳴り響いた時の恍惚感は最高の一言。6位の「KODA」は一昨年前の登場ながらランクイン! バタフライ役モノの神秘的な美しさが魅力!

■「もっとも連チャンした機種」部門

10位には昨年登場の機種で最高の継続率を誇る「バーストエンジェル」がランクイン。100連チャン超えも決して夢じゃない!

■「もっとも稼げた機種」部門

導入台数が多く優秀台をつかみやすい状況と、消化の速さが勝ちに繋がったことで3位には「大海スペシャル」がランクイン!

■「2008年面白かった甘デジ」部門

■「2008年頑張ったと思うメーカー」部門

エヴァと慶次の人気を超えられるか?

多くの部門でエヴァ、慶次、北斗が上位を占め、最後まで接戦を繰り広げましたが、最終的にエヴァが甘デジを含め4部門で1位を獲得し、3度目の王座に返り咲きました。

2008年になってからもじわじわと人気を伸ばした慶次もさることながら、後半に導入された北斗の追い上げも驚異的でした。まだまだアツい北斗人気に、これから始まる大型新機種の導入がどう影響するのか、今後の動向からも目が離せません。

今年はバトルスペック規制を控え、今後どのようなマシンが登場するのかは未知数ですが、名機が数多く誕生することに期待しましょう!


今回はここまで! 次回PLAYBACK(11月2日更新予定)では第14回スロミー賞をお届け! お楽しみに!!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー