プロの思考・戦術を復刻掲載!【第32回・パチスロ ゴッドイーター編】

後ツモ重視の立ち回り

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2014年4月号より順次転載

今回向かったのは、高設定多数投入&特定末尾が設定4以上という法則のあるお店。

末尾は0から9の10種類なので、朝イチ一発で特定末尾に座れる確率は1/10。

末尾以外にも高設定はありますが、正直これだけでは勝算があるとは言えません。

どれだけ早く特定末尾に気付いて、後からツモることが出来るかが勝負の分かれ目!

抽選番号は70人中21番で、とりあえず機種選択は可能な番号。

早く末尾にアタリを付けられるようにと、まずは最近の機種の中では設定推測スピードが速い「ヱヴァンゲリヲン 希望の槍」の末尾6からスタート…したものの、思いのほか推測に時間がかかったうえに、投資34本の獲得0枚という厳しい展開に。

しかし、設定の見えやすい機種からスタートしたおかげで、当たり末尾が見えて来ました。

それは末尾7。

まず、隣のエヴァ希望の槍のBIG中キャラボイスが偶数設定寄り。

この状況下で偶数挙動だと、当たり末尾である可能性が上昇します。

それを受けて戦国乙女やラブ嬢、そしてバラエティーコーナーをチェック。

末尾系で大切なのが、普段高設定の使われにくい機種に注目すること。

そういった機種が高設定らしい挙動をしている場合、ピンポイントで高設定が使われているのではなく、特定末尾に絡んでいる可能性があるからです。

そして末尾7全台のスランプグラフをチェックすると…プラス域で推移している台が多数。

末尾7より強い末尾も見当たらないので、ほぼ確定でしょう!

末尾7は絶賛フル稼働でしたが、さほど待つことなくパチスロ ゴッドイーターが目の前で空き台に!

なんともジャストなタイミング、迷わずスマホを投げ込んで台をキープです。

打ち始め投資2本でCZからATに当選すると、その後もCZ当選率・天国移行率・直当たり全てが申し分なし。

序盤は単発続きで出玉は伸びなかったものの、後半に訪れたロング継続で一撃1500枚を獲得。

終わってみればAT当選率1/105という驚異の数字で十分なプラス収支を得ることが出来ました。

末尾系はとにかくスピードが命。

朝からフル稼働で台移動が困難というホールでない限り、他者より早く末尾に気付ければかなりの確率で高設定を掴むことが出来ます。

推測スピードの速い機種と、バラエティコーナー・古い機種などの高設定が投入されることが珍しい機種に注目し、1~2時間で気付ければミッションコンプリート。

それ以上かかってしまうと出玉感が出てしまい他のお客も気付いてしまうので、その辺りが勝負の境目になると思います。

今回は1台目で3時間近くかかってしまったので、最初の台をヤメた頃には店内が「末尾7」という雰囲気になっていました。

目の前で空いたというタイミングに救われましたね…。

現在のヘミニクから一言!

これはこの時期にしか通用しない立ち回りですね。

この時期ってのは、都内がスーパー等価(47枚貸し47枚交換)だった頃。

スーパー等価だと設定1が使われがちなので、偶数挙動をすればそれだけで設定4•6に期待出来たんですよね。

設定2がほとんど使われていない環境ならば、設定246が確定すればそれだけで高設定濃厚クラスになると。

まあ、今は通用しません。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー