今も続く超人気シリーズの元祖! 平成7年、ついにあの名機が姿を現す!!【PLAY BACK/平成名機年鑑⑥】

現金機は時短デジパチとして再び人気を取り戻すことに!!

時代が令和に変わろうとしていた2019年。パチンコ攻略マガジン誌上で2号にわたり特集された企画がこの「ぱちんこ平成名機年鑑」だ。

平成元年から平成30年まで、それぞれの年の代表的&人気マシンを多数紹介! その年の出来事と合わせ、懐かしのパチンコ台を振り返っていく企画となっている。

この30年の間にパチンコはどのような変遷をたどってきたのか、そして間もなく撤去されてしまうCR機はどのように進化を遂げてきたのか、この企画を見れば一目でわかるはず!

思い出のパチンコ30年を、今あらためて…PLAY BACK!!

【ぱちんこ平成名機年鑑】 平成元年 平成2~3年 平成4年 平成5年 平成6年


名機続出! ホール数もピークに!!

【平成7年(1995年)】に登場したぱちんこ名機たち

CR機隆盛の陰に隠れた感のあった現金機は、前年末に初の時短デジパチとして登場した「エキサイトレディー2」を皮切りに、時短という新連チャンシステムを搭載して甦る。一方、CR機では権利モノの「CRギンギラパラダイス」が登場。"魚群”等演出の魅力もあり、現金機版の兄弟機ともども大ヒットした。

様々な液晶演出が登場してきた時代でもあった!

前年登場の「勝負伝説」には初の連続予告が搭載されていたが、史上初の「群」かつ激アツ予告の「魚群」が初塔載されたのが「ギンパラ」だ。「CRコマコマ倶楽部3」には連続予告の他に図柄再抽選機能も初搭載。

"偽造パッキー”等プリペイドカード犯罪が深刻化し、やがてどのホールでも使用できた互換性や高額カードは廃止に。斉木名人の秘技「パッキー2枚買い」もここから生まれた!?

▶平成7年のホール状況

平成7年の6月1日に施行されたいわゆる"761規制(諸元表提出を義務化)"により、保通協検査が面倒になったことから新機種登場ペースがダウン。一方、パチスロは技術介入性が話題となってブームに。


▶▶▶パチスロの5号機の歴史はここでチェック!!

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー