約12年間に登場した1200機種以上の5号機を一挙振り返り! その第1弾!!【PLAYBACK/5号機ヒストリア2005年~2006年編①】

思い出の5号機を最初の1台から徹底的に振り返る! 

6号機が登場しようとしていた2017年年末。5号機が幕を閉じるこの時にパチスロ攻略マガジン&パチスロ攻略マガジンドラゴン誌上にて、大々的に始まったのがこの「5号機ヒストリア」だ。

すべての5号機を網羅していくこの企画。その第1弾が「パチスロ攻略マガジンドラゴン」2017年10月号に掲載された記事で、ここでは2005年~2006年に登場した5号機全64機種を紹介。

超人気マシンからマニアック機種まで、そのすべてをここでチェック!!


5号機黎明期を支えた全64機種の歴史

【新世紀エヴァンゲリオン】

2017年7月、遊技機規則の改正案が公表され、その中で2018年2月1日から試行される旨が発表された。これにより、新たな規則に準じた回胴式遊技機(いわゆる6号機)が2018年の2月から登場することとなる。2005年から始まった5号機時代が、約12年の歴史に幕を閉じることとなった。

4号機から比較して出玉性能だけでなく、リール制御や演出面の部分にも大きな規制が設けられ、不安の中で始まった5号機時代。しかし、斬新で柔軟な発想や、新しい価値観の創造によって、パチスロのゲーム性は爆発的に進化した。5号機の概要が発表された当時では想像できないような、多様性に溢れた遊技機が生まれ、それを支持する若いユーザーも増えた。パチスロと、それを取り巻く環境が大きく変わったのだ。

本企画は、約12年の5号機時代を機種リストにて振り返る特別企画となっている。時代の流れを変えた機種も、新機能にて一石を投じた機種も、名機も、迷機も、一挙網羅。今号では、5号機が誕生した2005年から2006年までの、いわば黎明期に登場した全64機種をリストアップしている。

当時はまだ、開発陣も模索していた頃で、高ベースのノーマルタイプや、ボーナス後に数十ゲームのRTが付随するタイプが中心だった。その中で生まれたRT延命システムの「リプパンハズシ」は、適度な技術介入度と5号機では不可能と思われていた高い出玉性能を両立させ、人気を博したのだった。

【日本一の桃太郎CT5】ボーナスとしてのCT機能

5号機の規則にて、ボーナスとしてのCT(第二種特別役物に係る役物連続作動装置)が生まれ、それを初搭載した機種。CTは多くの機種へ浸透していった。

【サクラ大戦S2】大正桜にチャンスの嵐!

ユニバーサルグループとしての5号機第一弾。高いコイン持ちのノーマルタイプで約370枚獲得できるBIGを中心に、遊べる5号機のイメージを先導した。

【ど根性ガエルS】【ニューオアシス】【キューティーハニー3】

【信長の野望・天下創生R】【ナースウィッチ 小麦ちゃんマジカルて】【剣豪!武蔵】

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー