死に物狂いになる瞬間【第40回・バジリスク絆編】

わくわくして眠れなかった

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2014年4月号より順次転載

朝確…なんて甘美な響きだろう。

朝確とは朝イチ高設定確定台の略で、もし座る事が出来たならその日はヘブンな1日が待っています。

問題は、朝確が存在するホールをどうやって把握するのか、ということですよね。

以前とあるホールで、朝イチにリプレイが揃っている台が全台高設定ということがありました。

店側が「リプ揃いは高設定」と謳っていた訳ではなく、朝イチにリプ揃いの台をメモしておき、その後の挙動と閉店時のデータを照らし合わせた結果、その結論が導き出されたのです。

そんな訳で、もしまたリプ揃いの台を見つけたら必ず座ってやろう…という気持ちでいたのですが、それからしばらくは音沙汰無し。

しかしある夜、ホールから送られたメールをチェックしてみると、デカデカとリプレイの絵柄が。

「キタ…!」  発見と同時に確信。

これはきっと、明日はリプレイ揃いの台があるという示唆に違いない!

入店するとまさかの光景が

翌朝、現地に到着すると並びは40人ほど。

抽選番号は19番、確実にリプ台を押さえるには心もとないですが、その日は別にジャグラーシリーズを煽っているので、お客の大半はジャグラーに流れるハズ。

そもそもリプ揃いの意味を知っている人はほとんどいないし、まあ抑えることは出来るだろう…そう目論んで入場の刻を待ちます。

開店。

目を血走らせシマを駆け巡り、リプ揃いの台を探す。

北斗か? ハナビか? はたまたバラエティコーナーか!?

どこだ、どこにある設定6はッ!

パチスロ打ちにとって、朝確台を抑えるときほど死に物狂いになる瞬間はないです。

この数秒に、今日のすべてが掛かっているのだから…!

が、しかし。

リプレイが揃っていた台は、想定していた中でも最悪のパターン。

店のオススメ機種であるジャグラーシリーズとバジリスク絆が、全台リプ揃い。

以前はホール内にポツポツとリプ揃い台があり、それがピンポイントで設定5or6という感じでした。

しかし今回のこれは、今日のオススメ機種だよ! という意味での示唆でしょう。

だって、並び人数よりも設置台数の方が多いジャグと絆が全台高設定確定なんて、少しパチスロかじった人ならありえないって分かるもの…。

察しつつもマイジャグラーⅢを押さえましたが、ジャグをネジネジするよりもバジリスク絆で勝負を賭けた方が早いと判断し、絆へ移動。

高設定の確約がある訳ではないので、設定推測しつつ慎重に…と打ち出すと、開始わずか30分、本日一発目のBCにて、押し順ベル2回目で撃破達成。すなわち設定456確定です!

当初の意味とは違う意味で朝確してしまったけど、絆に高設定が使われていると分かったのは、リプレイ揃いが店側の意図するものだと把握していたから。

ただ運が良かっただけでは無いですとも、ええ。

 

バジリスク絆
総ゲーム数…8627G
AT出現率…1/259.16(19回)
総獲得枚数…2364枚
総投資金額…650枚(貯玉)
換金額(5.6枚交換)…4万2000円
収支…+3万500円
※総投資は北斗強敵の高確チェックの150枚分を追加したもの

現在のヘミニクから一言!

最近は朝確(に準ずる状況)を狙うことはめっきり減りました。

いうかそういうホールが減った印象ですね。

加えて個人的に朝確はあまり好きではないんですよね。

理由は抽選勝負(&引き子ゲー)になるから。

どうやら自分は簡単な勝負よりも、掘りに掘って苦労して辿り着くパチスロの方が好きなようです。

まぁ言うても朝確台があったら打つんだけれども(笑)。

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー