【PLAYBACKパチマガ@2002】第7回 キングオブパチンコ大賞

タイアップ機の人気がついに本格的なものに!

2002年の第1位、ひいては21世紀最初のキングオブパチンコ大賞は、2位以下を圧倒的に引き離し「CR天才バカボン」が受賞! なんとその設置台数は最盛期で20万台と、当時を知ればこの結果は納得せざるをえないものでした。さらには前年の「不二子におまかせ」に続きタイアップ機が受賞した点にも注目! この頃からタイアップ機のヒット作が次々と登場することになりました。

2位には大人気シリーズ機の初代「必殺仕事人」がランクイン! こちらも「天才バカボン」と同じ年でなければパチンコ大賞を受賞してもおかしくないほどの人気を誇っていました。以下、何度もシリーズ機が登場している機種がちらほらと。それにしても「天才バカボン」の圧倒的高ptが目立つランキングとなりました。

部門賞でも「天才バカボン」人気が目立ちまくり!

「面白かった機種」「画面が印象に残った機種」ではやはり「天才バカボン」が1位を獲得と妥当な結果に。そんな中、音で魅せたのが「必殺仕事人」。あの音楽のカッコよさは初代から現在まで踏襲され続けています。ちなみに「つまらなかった機種」では「ギンギラパニック」がトップに。「ギンギラパラダイス」「海物語」と前身機が偉大すぎただけに、この結果はちょっとかわいそうな気もします。

ここでも「天才バカボン」が圧巻の強さ! ひねくれ者の集まりである編集部ランキングでさえも1位となっていることから、この年の同機種の人気の高さをうかがい知ることができます。また「頑張ったメーカー部門」でも並み居る強豪メーカーを押さえ、「大一」が大差をつけて1位を獲得しています!

新台導入カレンダー