パチスロで日当1万7000円を稼ぐには【第80回・ファンキージャグラー編】

生と死のデッドライン

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2014年4月号より順次転載

→過去の記事はコチラから

 

 

皆さんは1日いくら稼げれば満足ですか?

僕が調べたところによると、30歳の平均年収は約450万円らしい。

パチスロ打ちという世捨て人のような生活を送る自分にとって、この額にさえ届いていれば満足。

450万円÷365日として、1日あたり1万3000円ほどの日当を得られれば、不自由なく暮らしていけるということになります。

しかし、ちょっと待ってほしい。

果たしてそれで本当にイーブンだろうか。

この計算は、年間365日休まずに稼働するという前提のもとに成り立つ。

僕が調べたところによると、世の30歳は年100日ほど休日があるらしい。

つまり実質265日で450万円を稼いでいるという事になり、日当に直すと約1万7000円。

仕事量で言うならば、こちらの額の方が正確でしょう。

さて、パチスロで日当1万7000円を稼ぐにはどうしたらいいか。

1日8000G回せる場合、1万7000円の期待値を得るに必要なペイアウトは103・5%。

ジャグラーの設定4くらいの数値である。

ジャグラーの設定4をひたすら打つだけで、世の30歳と同じ年収を稼げてしまう。

こう言うとパチスロもまだまだ捨てたモンじゃないなと思えるが、そう捉えるのは早計。

なぜなら、設定3以下を少しでも回してしまうと期待値は1万7000円を割ってしまう。

つまり最低でも設定4に座り、かつ毎回8000G回さねば、平均年収には届かないのだ。

いつまでこの生活が続くか分からない者にとって、期待値1万7000円は目標にすべきラインではなく、生と死のデッドラインなのである。

欲を言えば貯金もしておきたい

よって、パチスロ生活を維持するために目指すべきところは、余裕を持って日当2万円。

このラインで稼げていれば、とりあえず急場は凌げる。

ペイアウトで言うならば104・2%、ジャグラーの設定4~5あたりの数値に相当する。

「設定4以上はある」 という台を打てていれば、生活を維持することが出来る訳だ。

パチスロで生活する人間にとって設定とは、設定6=ボーナスタイム、設定5=明日に生を繋げられる設定、設定4=今日は生きられるが明日生きられる保証はない、希望の見えない設定…ということになる。

なおこれは全て「年間100日の休日がある」という前提の話。

銀〇郎のように年360日稼働すれば、年収600万円超も夢ではない。

パチスロの良いところは、自分の稼働量次第で稼げる額が増えるところにある。

今回の実戦のように、 「設定4以上はある」 という台回すときは、そのことを頭に置いて無心で回す。

そうすれば理論上、人並みの生活を送ることが出来るのだから。

…欲を言えば、退職金が無いから老後のために貯金もしておきたいし、結婚やら育児の資金も貯めておきたい。

少しでもペイアウトの高い台を打つに越したことはないですね!

ま、結婚する相手も予定も無いけどね。

 

この日の収支(マイジャグⅡ+ファンキージャグラー)

総投資金額…1万円
総獲得枚数…982枚
収支…+7500円

現在のヘミニクから一言!

設定4は打つべきか否か問題、個人的な回答は「4以上が確定しているなら打つべき」です。

正確に言うと機械割104%以上が確定しているなら、ですね。

設定4でも機械割103%以下なら打つ価値は無いと思います。

アクロスシリーズなどを打ってたほうが勝てます。

そして設定4を狙う、4の可能性を追うという行為もNG。

なぜなら設定1~3を打たされる可能性があるから。

設定1~3を打たされる可能性がある時点で、4狙いは破綻します。

でも、設定5・6を狙った上で打たされる設定1~3や、その過程で掴まされた4はセーフ(ただし104%以上に限る)。

なお言うまでもなく設定5・6が存在しないのに設定5・6を狙う行為は完全にアウトです。

設定4狙いってムズイんですよ。

そもそも4の判別が難しいのに、100%の精度でツモらなきゃいけないから。

少しでも低設定を打たされたら終わりだから。

多少低設定を打たされても挽回出来る設定5・6狙いの方が難易度は低いと思います。

4を狙うのはほぼ100%に近い自信があるときだけですね。

面白コラムから機種攻略まで…パチマガスロマガモバイルでは楽しさと最新情報を随時発信中!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー