プロの思考・戦術を復刻掲載!【第30回・北斗転生編】

競争率が下がった中に勝機あり!

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2014年4月号より順次転載

本日向かったのは特定日の某店。

実はこの店を攻めるのはかなり久しぶりで、以前打ちに行っていた頃は抽選人数が多く攻めづらい印象でした。

しかし、ここ数ヵ月で配信メールが制限されたせいか並びは減少。

何も打てずに撤退する可能性は低そうです。

確かに配信メールが無いと特定日の把握は困難になるし、高設定をちゃんと使うのかと不安になります。

しかし、付け入るチャンスはそこにあるっ…!

抽選番号は100番台、確保したのは北斗転生。

各機種に高設定を使う感じなので、設置5台と少なめな北斗転生を抑えられたのは上出来。

傾向的にも高設定の入りやすい位置なので、感覚的にはツモ率1/3程での勝負となります。

打ち始めると、2回目の初当たりがスイカからの直当たり。

早々にこの挙動は追う理由になるのでありがたい。

しかし、その後も小気味良くATを刻むものの、神拳勝舞に見離されてなかなか出玉が伸びません。

それでも設定推測要素は悪くはないので打ち続けると、16時を回ろうかという頃に1480あべし、1341あべしとハマって出玉壊滅。

しかも困ったことに、この2回のハマリで設定6の可能性が急降下。

あれ、もしかして高設定じゃない…? 

夕方目前、この時間帯で未だに低設定かもしれないと迷っている北斗転生を粘るのはかなり怖いです。

次に256あべしを抜けたらヤメたほうがいいかも…という状況まで気持ちが追い込まれましたが、天国モード濃厚の123あべしで当選すると、そこから4連続で256以内にヒット! 

えーと、うん…。やっぱり高設定ですね。

転生の高設定狙いをしていると、計ったように首の皮一枚繋がってくれる事が多いです。(汗)

あとは出玉を伴ってくれれば御の字…と思いながら打ち切り体勢に入ると、高設定を確信したのとほぼ同時に天破ロングへ移行。

そしてそのまま閉店まで天破がループし続け、通常時約1600GでAT16回当選という怒涛の勢いで5000枚超の出玉を獲得! 

設定面と出玉の両方で地を這っていた状態から、ロケットに乗って大気圏を突き抜けたような感覚でした! 

ロケット乗ったことないけど。

 

今回高設定に辿り着けた要因のひとつは、やはり以前よりも競争率が下がったから。

万人が特定日を把握出来なくなるということは、その分高設定への倍率が下がるということ。

特定日をしっかり把握出来ていれば、今までよりも競争率が低い中で設定狙いが出来るため、勝てる可能性も必然的に高くなります。

ただし、そのためには情報収集にそれ相応の努力をせねばなりません。

とは言え、高設定狙いは他人と差を付けるポイントが多いほど勝ちやすくなるので、この変化はポジティブに捉えてみてもいいかもしれませんね。

現在のヘミニクから一言!

こんなに北斗転生打ってたっけ? って思うほど、ここ最近の回は北斗転生ばっかりですね。

確かに言われてみれば北斗転生結構好きかもしれない…。

競争率の低いホールで競争率の低い台を狙い打つのは渋い(いぶし銀的な意味で)立ち回りで結構好き。

こういうのが決まってる日は楽しいです。

ただまあ、記事に載せていないところでは結構ヤラれている可能性があるのも忘れてはいけない。

実戦記事は数ある実戦の中から上手く行った日を使う場合が多いのだから。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー