実戦機会が少なく正当な評価が得られてない!? 5つの5機種を実戦で再評価!!【PLAY BACK/ク●台なんて言わせない!④】

スポットの当たらない台を実戦して輝かせるのが5人のライターの役目! 打ち込んでこそ語れることもある!!

パチスロ攻略マガジン 2018年1月号掲載記事

2017年、夏。5.5号機の駆け込み需要で数多の機種が登場!! しかしその混乱の中、すべての台が正当に評価されないままとなってしまっていた。

はたして多くのユーザーの人気が高い台だけが真の「優秀台」なのか!? 実は知識の欠如や実戦不足なだけで、真に面白い台はまだまだ存在するのではないか!?

そんな疑問を解消すべく5名のライターが編集部のピックアップした5機種を実戦! その中から各機種の実力を再評価していく!!

4回目となる今回の実戦機種は「世界でいちばん強くなりたい!」。菊丸が原作愛とともにその魅力を語る!


ク◯台のカウント3は取らせはしません!

タイアップ元のアニメは最近放送されたもの。キャラデザはキレイだし、キャスト陣の中には僕の好きな声優さんも…。そんな台をク●とは呼ばせないよう、努めます!

一体、この台が何の基準でこの企画に振り分けられたというのかっ! 原作が好きな分、やや肩入れ状態。でも、落ち着いて「パチスロ台」としての評価をさせてもらおうと思います。

まず通常時。ART機の通常時はヒマというのが相場。たいていの事には目をつむります。けど、連続演出成功でCZとはどういう事だ。オラァ! せめて分岐を作るとか、専用演出を出しましょうよ…。円陣を組みだして総選挙が始まった時は携帯サイトを二度見しちゃいましたね。これは片膝をつくレベル。

一方のART。大丈夫、ここがしっかりしていれば何てコトはない! ホラ、最初に消化できるセブンズドライブはなかなか。様々な7揃いを設けてあるので、毎ゲーム楽しめる仕様! しかし、その後のバトル中は何を引こうと「ヤッタ!」と思える瞬間が少ない…。これまでのバトルARTと抽選方式が異なるのもあるでしょうが、成立役と攻防表示がリンクしていない事もあり爽快感はイマイチ。

…と、終始押され気味でしたが、プロレスで例えるならカウントは2.9。つまり、ク●台ではないっ!

今回はここまで! 次回更新(11月6日予定)の実戦機種は「イースⅠ&Ⅱ」! ピックアップした最後の1機種を再評価する! お楽しみに!!

ライター紹介

  • 菊丸
    パチマガスロマガ専属ライター
    菊丸
    萌えスロとノーマルタイプを愛する二刀流スロライター。さわやかな笑顔の裏で2次元への愛を貫く「紳士」であり、基本はガチ勢らしく実戦しつつも、密かにお気に入りの演出写真を撮ろうといつも機会を伺っている。ノーマルタイプではジャグラーシリーズやアクロス機種などを溺愛。笑った時の顔が「抜作先生」に似ている。

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー