生きるために、打つ【第100回・SLOT魔法少女まどか☆マギカ2編】

ペイアウト105%が必要

パチスロ攻略マガジン内企画「ヘミニクのスロかつ!」2018年掲載号より転載

→過去の記事はコチラから

 

設定4を打ち切るべきか否か。

パチスロを打っていると度々訪れる葛藤のひとつである。

個人的に、パチスロ生活を維持するのに必要な最低限の日当は2万円だと思っています。

よって、設定にかかわらず時給2000円が見込める台であればそのまま打ち切ります。

そして時給2000円を出すには、ペイアウト105%が必要になります。

しかしながら、現在の都内は5.6枚交換が主流なため、105%では時給2000円に届かない。

5.6枚交換でこれを超えるには、ペイアウト105.5%以上が必要となり、さらに現金投資している場合は投資損失が発生するため、これでも足りない。

現金投資も条件に入れたら、ペイアウト106%以上が必要になってきます。

ならばペイアウト106%未満の台と判断したらヤメるのか。

先ほどの条件は現金投資している場合であり、持ちコインがある場合はその限りではありません。

持ちコインで遊技している場合は105.5%あれば時給2000円に到達するので、105.5%でも打ち続けます。

時給2000円の台を打ち続ければ、明日も生きることが出来るのだから。

 

ヤメた後のプランがあるか否か

では次に、持ちコインで遊技しているけどペイアウト105.5%未満の場合はどうか。

仮にペイアウト105%の台で持ちコイン遊技している場合、その時点での時給は約1800円で、目標とする2000円には届いていません。

この台を打ち続けても、パチスロ生活を維持するのは困難ということになる。

ならばヤメるべきだろうか。

この場合自分の答えは「ヤメた後に時給1800円以上の台に座れるかどうか」 になります。

ヤメた後にその時給を超える立ち回りが出来る自信があるならヤメ、出来なさそうであればそのままその台を打ち続ける。

それは時給1500円、1000円も同じことで、ヤメた後にその時給以上の何かを得られるのであればヤメるべきで、何もプランがないのなら打ち続けます。

ヤメた後に何もすることが無くなったら時給0円なのだから。

よって、5.6枚交換の持ちコイン遊技ならペイアウト105.5%以上で打ち切り確定。

それ未満でも他にやることが無ければそのまま続行。

現金投資の場合はペイアウト106%以上なら打ち切り、それ未満の場合は機種の仕様 (投資がかさむ機種か否か) と残り時間を考えながらヤメ時を探る、ということになります。

そして実戦データの日はSLOT魔法少女まどか☆マギカ2の設定4を打ち切り。

はっきり言ってこの台の4なんか打っていたらひもじい生活しか出来ないのだけれど、この台をヤメた後にこれ (時給1500円) 以上の立ち回りが出来るプランがなかったんですよね…。

だったら打つ。

ひもじくても、生きるために。

 

 

SLOT魔法少女まどか☆マギカ2

総ゲーム数…8198G
BIG…1/264.45(31回)
ART…1/351.36(11回)
総投資金額…3万2000円
総獲得枚数…5548枚
総換金額…9万9000円
収支…+6万7000円

 

現在のヘミニクから一言!

基本的な考え方はこの頃と同じですね。

106%あれば全ツッパするだろうし、105%以下なら持ちコインと残り時間次第で打つと思います。

104%以下は打たないでしょうね(非等価交換の場合)。

 

面白コラムから機種攻略まで…パチマガスロマガモバイルでは楽しさと最新情報を随時発信中!

パチマガスロマガ新着情報
パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー